腎 vol.1

久々に五臓六腑についてです。

今回は『腎』についてです!


"腎"は「作強の官」です。

①蔵精を主る
 精(精気)は、体の各機能をささえる基本物質です。

精気には、『先天の精』と『後天の精』があり、腎が大きく関わるのは、先天の精の方です。

先天の精とは、両親から受け継いだ生命力・体力、生殖の精の事です。

この先天の精が、しっかりしていないと病気や障害を抱えて産まれたりしてしまいます。


産まれてからの成長、

②生長・発育・生殖を主る

歯が生えかわったり、髪が伸びたり、抜けたり。老眼になったり、白内障になったり・・・。

また、男性では精液を産出でき、女性では生理が始まったりするのも、腎気の働きのお陰なのです!

最近コマーシャル
で「女性は7の倍数、男性は8の倍数で体が変わって・・・」というのを見た事がある方、いらっしゃると思います。

女性の場合、全員が全員(7×2=)14歳で、初潮があるわけではないですし、(7×7=)49歳で閉経を迎えているはずはないと思います!

「その通り!!」という方もいてるでしょう。

7の倍数での体の変化(天癸)を理想に、早いのか遅いのか?

これも体質を診る為の1つの基準ですね!!

だから、当院の初診時の問診票には、婦人科疾患でお困りの患者さん以外にも、女性の患者さんの場合には、生理について詳しく記載して頂く項目を設けているのですよ!!

鍼灸治療は、産まれてからその疾患に至るまでのあらゆる道筋を描いていくのですね!!

何故そうなったのか?何故その症状が現れたのか?

"点"ではなく"線"・"面"で治療にあたるのですね~!!

凄く大切な事なのですが・・・


つづく・・・




梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

たしかに先生のところの問診票細かいですよね。
あれをきっちり書いてもらうと、証の決定に抜群に役立ちますね。
ところで、あれだけ細かいと患者さんの反応はいかがですか?

No title

かすが先生
あの問診票は予診票で、初診時に記載して持って来てもらうんです。当日、その場で書いてもらうのではないのです。だから、基本的に飛び込みでの鍼灸治療はないですね!
そして、予診票をベースに更に細かく問診していくのですが、今のところ問題なく患者さんは答えてくれますよ!!
だって、良い治療をする為には、情報が細かければ細かい方が良いですものね!!

No title

きましたねー!
ついに、腎ですね!

今週は下腹部痛にお悩みの私です。
冷えてるかんじではないんですけど、なんなんでしょうね?

明日、よろしくお願いします

No title

wakaさん
やっと重い腰を起こそうかなぁ~。という感じですσ(^_^;
下腹部痛ですか~!?
wakaさんの事ですから、あれか?あれか?・・・って感じですね~!!
明日、ゆっくり診て見ましょう