面白い記事vol.108『120人の痛風患者に鍼灸治療を行ったところ血中尿酸が低下し、効果的であることが判明。海外の最新レポートより』

以前に当院で『痛風』の患者さんを治療した記事を載せました。

記事以外でも痛風の患者さんを何度も診ていますので、鍼灸治療が効果的なことを知っている方は少なからずおられると思います🎵

そんな“痛風”に鍼灸治療が効果的❗という記事を見つけましたので、ご興味のある方はどうぞm(_ _)m

20210922174756760.jpg

今回の記事は痛風でお困りの方へ朗報です。

厚生労働省によると2019年、痛風の患者数は125万人、前回(2016年)に行った調査よりも15万人も増加していることが明らかとなりました。

痛風は生活習慣と密接に結びついていることから、このコロナ禍でさらに増えていることが予想されます。

痛風の原因は、血液中の「尿酸」であると言われています。血中の老廃物である尿酸が一定量以上に増えると、関節部分に蓄積し、炎症、激しい痛み、運動障害を引き起こすとされています。

炎症が起こる場所は足の親指の付け根が最も多く、全体の約7割を占めています。そのほか、足首くるぶしひざなどにもみられる場合もあります。

激しい痛みを伴うことから、一度痛みだすと日常生活もままならない痛風。

今回120人の痛風患者を対象に鍼灸治療を行った、海外の最新レポートをご紹介したいと思います。
〜〜〜〜〜

 鍼治療は痛風を緩和するための効果的な治療法です。佛山漢方病院の研究者は、耳鍼と灸頭鍼を組み合わせたアプローチが、薬物療法の有効性を大幅に高めることを発見しました。

薬物療法は、81.67%の総有効率を生み出しました。しかし薬物療法に鍼治療を追加すると、総有効率が95%に増加しました。同様に重要なこととして、完全寛解率は、鍼治療を受けた群で有意に高くなりました。

この研究では、2019年5月から2020年5月までの120人の患者を対象に行いました。すべての患者の痛風は医師によって診断され、尿酸結晶が滑液中に確認されました。痛風結節は痛風の兆候です。

すべての患者はランダムに薬物群と鍼治療併用群に分けられ、各群に60人の患者がいました。

薬物対照群は、28人の女性と32人の男性で構成されていました。年齢範囲は41歳から68歳でした。平均年齢は54.61±3.80歳でした。


病気の経過は3ヶ月から4年の範囲でした。疾患の平均経過は1.53±0.71年でした。

鍼治療グループは27人の女性と33人の男性で構成されていました。年齢範囲は40歳から68歳でした。平均年齢は54.58±3.79歳でした。病気の経過は2ヶ月から3年の範囲でした。疾患の平均経過は1.49±0.72年でした。

関節痛の視覚アナログ尺度(VAS 0-10)を使用して、痛みのレベルを評価しました。血液尿酸値を測定するために、治療の前後に血液検査が行われました。有効率は以下の4つのレベルに分類されました。

1.完全寛解:症状が消え、可動性が回復し、血中尿酸が80%以上低下

2.非常に効果的:症状、可動性が著しく軽減、改善され、血中尿酸が60%から80%低下


3.効果的:症状、可動性が軽減、改善され、血中尿酸が40%から60%低下

4.効果がない:症状が持続し、運動障害が残り、血中尿酸に変化無し


総有効率は鍼治療群で95%であり、薬物単剤療法群の81.67%よりも高かった。 [1]

鍼治療群では、28例が完全に回復し、24例が有意に有効で、5例が有効で、3例が無効でした。
薬物療法では、20例が完全に回復し、23例が有意に効果的で、6例が効果的で、11例で効果がなかった。



鍼治療群で7.13±0.56から2.10±0.14に大きく変化した
薬物療法群の変化は7.09±0.58から3.37±0.26に変化した。

<血中尿酸>
鍼治療群で、540.83±60.68から326.85±45.63に大きく低下
薬物療法で、541.07±60.14と380.99±46.15に低下。


以上のデータに基づいて、研究者は、鍼治療が関節の痛みを和らげ、関節の可動域を改善し、血中尿酸値を下げるのに役立つことを確認しています。

研究に参加したすべての患者は、プリン体を多く含むアルコールと食物は、厳しく禁じられていました。痛風(高尿酸血症)は、体内に過剰な尿酸が存在する炎症性関節炎の一種です。尿酸は、プリン体が体内で処理されるときに生成されます。尿酸の結晶は関節、体液、組織に蓄積し、炎症や痛みを引き起こす可能性があります。プリン体を多く含む食品の例としては、アンチョビ、穀物、ニシン、肝臓、サバ、ムール貝、イワシ、酵母などがあります。

食事療法に加えて、両方のグループにセレブレックス(1日あたり0.2 g、毎日服用)を10日間連続して処方しました。これは非ステロイド性抗炎症(NSAID)薬であるCox-2阻害剤です。
セレブレックスは、痛みや炎症の原因となる体内のホルモンを減らすことで効果的な作用を発揮します。鍼治療グループの患者のみ、上記の食事療法と薬物療法に加えて、以下の鍼治療を追加で受けました。


・耳つぼ(AH6a、Jiaogan)
・耳つぼ(CO18、Neifenmi)
・HT7(神門)
・BL23(腎兪)
鍼(0.30×25mm)を挿入し、少しひねって得気を取得した後、鍼を20分間置鍼しました。この治療は10日間、隔日で実施されました。


灸頭鍼治療は毎日施術しました。鍼(0.30mm×50mm)を使用した。 得気を得たのち、鍼は約2cmの灸に接続されました。以下の点が使用されました。
・BL23(腎兪)
・BL20(脾兪)
・BL17(膈兪)
・GB34(陽陵泉)
・SP3(太白)

この10日間の鍼治療コースは、痛みの大幅な軽減と血中尿酸値の改善をもたらしました。治療計画に鍼治療を追加すると、薬物療法単独よりも、効果が大きくなりました。

データは、鍼治療が重要な臨床的改善をもたらすことを確認しています。痛風に関連する構造的損傷、痛み、炎症、障害、および死亡リスクを考えると、治療計画に鍼治療を追加することが適切であると考えます。

〜〜〜〜〜
https://www.healthcmi.com/Acupuncture-Continuing-Education-News/2119-acupuncture-gout-relief-confirmed-in-medical-trial

痛風の原因は生活習慣や食生活、ストレスなど、いろいろな原因があります。
そして一度痛風を引き起こすと、再発するケースも多く、長期化すると関節がうまく動かなくなってしまったり、腎不全になることもあります。

まずは一度医療機関を受診し、専門医の意見を聞いてみた上で、今回のレポートで明らかになったよう、鍼灸治療を組み合わせることで痛風の改善をより期待出来ます。

痛風でお困りの方はぜひお近くの鍼灸院の先生に相談してみてください。


◯参考◯
『痛風』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-857.html?sp

『面白い記事vol.39『鍼治療は痛風の症状軽減に効果的 - アメリカ 』』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-527.html?sp

『二日酔い』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-281.html?sp

○お願い○
下記のGoogleページに『クチコミ』頂けると有り難いですm(_ _)m
宜しくお願い致しますm(_ _)m
https://g.page/umedashinkyu/review?gm
20210331102307539.png


お問い合わせ・予約に関する電話番号・メール。
☎️:06-6881-0302
✉️:umeda.hari@gmail.com  

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp

ページトップ