肥満【東洋医学で考える】

20210831123233dc8.jpg


東洋医学では「肥胖(ひはん)」と言います。

頭のふらつき・無力感・物を言うのがおっくう・息切れなどの症状を伴うことが多いです❗

身体が太っていても、顔色がよく元気で、診察しても特段異常の無いものは、肥満の範疇には入りません。

◯タイプ別分類◯
【痰湿内蘊 タイプ】
・肥満
・摂食量が多い
・甘い物や脂っこい物を好む
・胸や腹がつかえて苦しい
・平素から痰が多い
・身体が重くだるい
・暑がる

【気虚 タイプ】
・肥満
・息切れ
・話すのがおっくう
・動くと汗が出る
・寒がる
・顔がむくむ
・食欲不振
・元気がない
・横になりたがる


◯タイプ別解説◯
【痰湿内蘊 タイプ】
暴飲暴食、長期に渡る食欲亢進美食甘い物や脂っこい物を好むなどの原因により、消化器系が疲れてしまい、働きが落ちることで生じるタイプですね☺️

《養生》
暴飲暴食・長期にわたる食欲亢進・美食・甘い物を好むなど、当てはまる方は控えて下さい❗
胃腸が疲れている状態ですので、早食いや寝る前の食事など、胃腸に負担を掛ける食べ方にも注意して下さい❗
また手をよく振って歩くと、東洋医学では胃腸に良いとされていますので、ウォーキングなどを行うと良いでしょう🎵


【気虚 タイプ】
疲労飲食の不摂生などで消化器系の働きが弱くなって生じるタイプですね☺️
消化器系の働きが落ちるので、全体的にもエネルギー不足となり、息切れ・無力感・寒がる・汗を常にジワッとかいていることが特徴です❗

《養生》
「痰湿内蘊 タイプ」同様に胃腸が疲れている状態ですので、甘い物や脂っこい物は控え、ゆっくりよく噛んで食べるようにしましょう❗
食事の時間にも注意して下さいね☺️
そして無力感や息切れなどの症状を伴いますが、少しの時間、距離でもよいので歩く習慣を付けてみて下さい❗


◯まとめ◯
自分がどのタイプなのか、大まかな予想は付いたのではないでしょうか😉😉😉
上記の《養生》は、あくまでも体質を正確に分類出来てこその《養生》です。
実際にはもっと正確に細かな体質分類が必要になります。
そして、やはりそれは一定水準以上の鍼灸師でないと難しいので、お近くの"良い"鍼灸院をお選び下さいm(__)m


◯参考◯
『だるい…重い…しんどい』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-521.html?sp

『鍼が合う😃、合わない😖』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-642.html?sp

『がんが食事で消えた!』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-732.html?sp


○お願い○
下記のGoogleページに『クチコミ』頂けると有り難いですm(_ _)m
宜しくお願い致しますm(_ _)m
https://g.page/umedashinkyu/review?gm
20210331102307539.png


お問い合わせ・予約に関する電話番号・メール。
☎️:06-6881-0302
✉️:umeda.hari@gmail.com  

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント