歯ぎしり【東洋医学で考える】

20210823152931cb5.jpg

東洋医学では「噛歯(ごうし)」と言います❗

上下の歯をこすり合わせてギシギシ音をさせることです。

◯タイプ別分類◯

【外感風寒 タイプ】
・悪寒とともに歯ぎしりする
・発熱
・頭痛
・身体痛
・汗をかかない

【心胃火熱 タイプ】
・睡眠中の歯ぎしりをする
・喉が渇き、冷たい飲み物を好む
・多食してお腹がよくすく
・胸やけ、あるいは食べると嘔吐する
・口臭がある
・焦燥感

【食滞 タイプ】
・睡眠中の歯ぎしりをする
・胸や腹がつかえて苦しい
・食欲がなく消化が悪い
・倦怠感
・排便がスッキリしない、あるいは腹痛下痢あるいは便秘
・尿が濃い

【蛔虫 タイプ】
・睡眠中の歯ぎしりをする
・胸やけ
・腹痛発作
・食欲亢進して異食する(食べ物でないものを食べる)
・顔色が黄色い
・鼻の穴が痒い
・瞼の裏に青(藍)色の斑点が出る
・顔(側面や頬)に白い斑点が出る
・唇の内側に粟粒状の半透明の突起が出来る

【気血両虚 タイプ】
・軽い歯ぎしりをする
・顔色が白い
・唇や爪が淡色でツヤがない
・頭のふらつき
・めまい感
・動悸
・驚きやすい
・倦怠無力感
・息切れ
・話すのがおっくう
・声に力がない
・手足のシビレ感

【虚風内動 タイプ】
・持続性の歯ぎしりをする
・手足のふるえ
・悪化するとひきつりや運動麻痺になる
・顔色が憔悴
・両頬が赤い
・寝汗をかく
・手のひら、足の裏が熱い
・喉や口の乾燥感

【熱極生風 タイプ】
・強い歯ぎしり、あるいは牙関緊急
・高熱
・喉が渇き、冷たい飲み物を好む
・つよい発汗
・後弓反張(体が後ろに反り返る)
・手足の痙攣や拘縮
・お腹が張り押さえると痛む
・便が硬いあるいは便秘


◯タイプ別解説◯

【外感風寒 タイプ】
冷えの風邪をひいて、生じるタイプですね☺️
悪寒とともに覚醒時に発生するのが特徴です❗

《養生》
温かくして、水分をこまめに摂り、よく寝る❗ですね☺️
基本的な風邪への対処法ですね☺️


【心胃火熱 タイプ】
胃腸に熱がこもっている方に生じるタイプですね☺️
一般に睡眠中にみられ、つよい歯ぎしりです❗

《養生》
油っこい食べ物や味の濃いもの甘ったるいものは控えて下さい❗
夏野菜や温かい地方で採れる食べ物は熱を取ってくれる働きがあるので、オススメですね☺️


【食滞 タイプ】
小児によく見られ、夜間に歯ぎしりをします。
不衛生な飲食物母乳の与えすぎや質などの問題で消化器系の働きが悪くなって生じるタイプですね☺️

《養生》
食事の衛生面に気をつけて下さい❗
また、赤ちゃんが泣いているからといって、毎度母乳を与えると、あげ過ぎになってしまう恐れがあります。泣いている原因を見極めて、母乳の与えすぎに注意して下さいね☺️


【蛔虫 タイプ】
寄生虫が原因で生じるタイプですね☺️
小児に多いですね☺️
今の日本では衛生的ですから、少ないです❗
特徴として上記以外に、発作性に臍周囲に痛みが生じたり、多食があります。

《養生》
寄生虫の駆除が必要ですね❗
また寄生虫により、胃腸が弱っていますので、消化に良いものをよく噛んで食べるように気を付けて下さいね☺️


【気血両虚 タイプ】
身体全体のエネルギー不足から生じるタイプですね☺️
東洋医学で考えられる身体のエネルギーである、“気”と“血”が“虚(むな)しく”なっている状態です❗

《養生》
体力の回復が大切です❗
第一は睡眠の“質”ですね☺️23時迄には寝るようにしましょう❗
そして日中に軽く体を動かし、食事はよく噛んで食べるようにしましょう🎵


【虚風内動 タイプ】
老化・慢性病・悩み事や心配事・疲労・長期間の熱の病などで生じるタイプですね☺️
上記以外に、両眼の乾燥感・目がかすむ・頭のふらつき・耳鳴り・腰や膝がだるく無力・動悸・疲労感などがあります❗

《養生》
様々な原因がありますが…
慢性病の場合は、そちらの治療が優先になります。そして、悩み事や心配事を大きく抱えている場合は、その解決が必要ですが、簡単に解決出来にくい時は体をよく動かして、体を疲れさせて、(どの原因でも共通しますが)早く寝ることが大切です❗
早く寝る(質の良い睡眠)と身体をクールダウンさせる働きが向上しますからね☺️


【熱極生風 タイプ】
急性の発熱性疾患の経過中にみられ、小児に多いタイプです❗
高熱が特徴ですが、上記以外に胸が熱く悶え苦しむ・顔面紅潮・唇の乾燥・尿が濃いなどがあります。

《養生》
高熱の状態ですが、単純に解熱させることは返って危険です❗専門の医療機関で適切な処置を仰ぐことをオススメします❗
熱が治まると歯ぎしりも治まるでしょう。


◯まとめ◯
自分がどのタイプなのか、大まかな予想は付いたのではないでしょうか😉😉😉
上記の《養生》は、あくまでも体質を正確に分類出来てこその《養生》です。
実際にはもっと正確に細かな体質分類が必要になります。
そして、やはりそれは一定水準以上の鍼灸師でないと難しいので、お近くの"良い"鍼灸院をお選び下さいm(__)m


◯参考◯
『難聴・耳鳴り【東洋医学で考える】』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-586.html?sp

『歯痛・吹き出物』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-315.html?sp

『面白い記事vol.80『歯の痛みにも鍼灸の治療が効果的!?』』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-727.html?sp


○お願い○
下記のGoogleページに『クチコミ』頂けると有り難いですm(_ _)m
宜しくお願い致しますm(_ _)m
https://g.page/umedashinkyu/review?gm
20210331102307539.png


お問い合わせ・予約に関する電話番号・メール。
☎️:06-6881-0302
✉️:umeda.hari@gmail.com  

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント