味がない・味覚障害【東洋医学で考える】

20201214102004446.jpg
東洋医学で『口淡無味(こうたんむみ)』と言います。
味覚の減退で口中が淡く飲食物の味がないことで、一般的には食べ物の香りもなく食欲不振を伴います。


◯タイプ別分類◯

【脾胃気虚 タイプ】
・口の中が淡い
・味がない
・食欲不振
・疲労感
・息切れ
・無力感
・胃のつかえ
・腹部膨満感
・軟便


【湿困脾胃 タイプ】
・口の中が淡い
・口が粘る
・味がない
・食欲不振
・胸や腹がつかえて苦しい
・悪心
・嘔吐
・軟便


◯タイプ別解説◯

【脾胃気虚 タイプ】
飲食の不摂生、ひどい嘔吐や下痢、慢性病などにより、消化器系の働きが低下することで生じるタイプです❗

《養生》
胃腸に負担を掛けないようにすることが大切です❗
よく噛んで、ゆっくり食事して下さいね☺️また、生ものや脂っこいもの、味の濃いものは避けた方が良いですね☺️
そして東洋医学では、消化器系は手足に繋がる❗という概念がありますので、手を振って歩くと良いですね☺️


【湿困脾胃 タイプ】
湿度の高いところに居たり、暴飲暴食で消化器系の働きが低下し、体に余分な水分が停滞することで生じるタイプです❗

《養生》
養生としては、このタイプも上述した『脾胃気虚 タイプ』と同様です❗
胃腸に負担を掛けないことです‼️
特に、水分の取りすぎには注意ですね☺️水分摂取をハトムギ茶にしてあげると良いのではないでしょうか🎵


○まとめ○
自分がどのタイプなのか、大まかな予想は付いたのではないでしょうか😉😉😉
上記の《養生》は、あくまでも体質を正確に分類出来てこその《養生》です。
実際にはもっと正確に細かな体質分類が必要になります。
そして、やはりそれは一定水準以上の鍼灸師でないと難しいので、お近くの"良い"鍼灸院をお選び下さいm(__)m


◯参考◯
『口臭【東洋医学で考える】』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-553.html?sp

『口唇ヘルペスー2』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-311.html?sp

『脾 vol.1』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-114.html?sp


○お願い○
下記のGoogleページに『クチコミ』頂けると有り難いですm(_ _)m
宜しくお願い致しますm(_ _)m
https://g.page/umedashinkyu/review?gm
20200302114026095.png


お問い合わせ・予約に関する電話番号・メール。
☎️:06-6881-0302
✉️:umeda.hari@gmail.com  

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント