腰痛・背痛【東洋医学で考える】

202010261228398db.jpg


腰背部の痛みのことを東洋医学では「腰脊痛(ようせきつう)」と言います❗単に「腰痛」とも言ったりします。
また、腰痛は他の部分の疼痛をよく伴い、腰から尾てい骨部にかけての疼痛を「腰尻痛」、腰から下肢にかけての疼痛を「腰腿痛」と言います❗
そして本項では明らかな器質的病変を伴わないものに関して解説していきますm(_ _)m


◯タイプ別分類◯

【風寒 タイプ】
・急激に発生する腰背部のこわばった痛み
・ひきつるような感じがある
・発熱
・悪寒
・汗をかかない、あるいは汗をジワッとかいている
・頭痛
・肩から背中にかけての痛み
・甚だしければ、全身の関節が痛む


【風寒湿痺 タイプ】
・急性あるいは慢性に生じる腰痛
・尾てい骨部や下肢の痛みを伴うことが多い
・痛みが増減する
・温めると痛みが軽減する
・寒冷や曇りの日あるいは秋冬に痛みが増強する
・腰の運動に支障がないか、軽度の支障がある
・痛みは“鈍痛”が多い
・こわばった「板をはったような」感覚を伴う


【腎虚 タイプ】
・慢性的に持続する腰痛
・休息するとやや軽減する
・少し疲労すると増強する
・息切れ
・体が重い
・頭のふらつき
・耳鳴り
・脱毛
・歯の動揺
・膝がだるく力がない
・踵の痛み
・夢精
・精液が漏れる
・インポテンツ
・月経不順


【瘀血 タイプ】
・外傷ののちに強い腰痛
・外傷の部位により背痛、腰痛、腰から太ももへの痛みがある
・腰部の運動障害を伴い、動かすと痛みが増強する



◯タイプ別解説◯

【風寒 タイプ】
冷えの風邪をひいて生じるタイプです❗
軽度であれば腰背部がこわばって痛み、背中から首の後ろにかけてがこわばります。重度であれば腰背部が抜けるように、折れるように痛み、膝の後ろや足首が裂けるように痛みます❗

《養生》
風邪をひいている状態ですので、温かくして十分な睡眠をとることが大切です‼️こまめに水分補給を忘れずに🎵


【風寒湿痺 タイプ】
東洋医学でいうところの「風邪(ふうじゃ)」「寒邪」「湿邪」が体を犯すことで生じるタイプです❗
どの“邪”がメインで腰に症状を出しているかによって状況が変わって来ます❗
また、上述の『風寒タイプ』の治療が不適当な場合も、慢性化してこのタイプに移行することもあります(ToT)

〈風邪が強いとき〉
痛みは軽度ですが、痛みの場所があちらこちらに移動します(^_^;)
慢性化すると、腰から尾骨かけてシビレて、悪化すると下肢の筋肉が萎縮します

〈寒邪が強いとき〉
痛みが強く、痛みの場所が変わらないです❗
悪化すると運動が困難になります(ToT)
温めると一時的に軽減し、冷やすと痛みが増します❗

〈湿邪が強いとき〉
「腰が重だるい!Σ(×_×;)!」といった痛みです❗
曇りの日や湿度の高い時に悪化するのが特徴ですね❗

《養生》
このタイプも基本的にはカゼをひいた時の対処法が必要になります❗
温かくして十分な休息、睡眠を取ることですよ🎵


【腎虚 タイプ】
東洋医学でいうところの「腎臓」が弱って生じるタイプです❗
「腎臓」が弱る要因としては、“老化”・“長時間の同一姿勢の持続”・“(夜更かしなど)生活の不規則”・“性生活の過度(房労)”があげられます❗
特徴として、鈍痛が慢性的に持続し、腰を使うと増強し休めると軽減します。悪化すると、腰や膝がだるく力が入らない、耳鳴りなどの症状も伴います❗
腎虚タイプの腰痛はさらに「陽虚」と「陰虚」に分けることが出来ます❗

〈腎陽虚 タイプ〉
体質が「冷え」に傾いている方ですね❗
上記の症状の他に
・寒がる
・手足の冷え
・軟便あるいは明け方に下痢
・尿量が多いあるいは頻尿
を伴います❗

〈腎陰虚 タイプ〉
体質が「熱」寄りに傾いている方ですね❗
上記の症状の他に
・微熱
・手のひらや足の裏が熱い
・寝汗
・尿が濃い
・口が渇く
を伴います❗

《養生》
“腎陽虚”と“腎陰虚”に細かく分けましたが、どちらにしろ身体としては疲れている状態ですので、良質の睡眠が欠かせません❗
23時迄には寝ましょう💤


【瘀血 タイプ】
捻挫などの外傷によって生じるタイプです❗
東洋医学では外傷により、(経脈の)巡りが悪くなり「瘀血」が生じるという考えがあるのです🎵

《養生》
一般的なケガの処置を先ずは行って下さい☺鍼灸では「瘀血」に対して治療を行い、ケガの治りを速やかに促す方法もありますので、お近くに“良い”鍼灸院があれば聞いてみて下さいね☺️


○まとめ○
自分がどのタイプなのか、大まかな予想は付いたのではないでしょうか😉😉😉
上記の《養生》は、あくまでも体質を正確に分類出来てこその《養生》です。
実際にはもっと正確に細かな体質分類が必要になります。
そして、やはりそれは一定水準以上の鍼灸師でないと難しいので、お近くの"良い"鍼灸院をお選び下さいm(__)m


◯参考◯
『腰がだるい【東洋医学で考える】』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-755.html?sp

『面白い記事vol.87『腰椎椎間板ヘルニアに対する治療法が広がりそうです』』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-760.html?sp

『腰痛と一本の鍼』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-541.html?sp


○お願い○
下記のGoogleページに『クチコミ』頂けると有り難いですm(_ _)m
宜しくお願い致しますm(_ _)m
https://g.page/umedashinkyu/review?gm
20200302114026095.png


お問い合わせ・予約に関する電話番号・メール。
☎️:06-6881-0302
✉️:umeda.hari@gmail.com  

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp

ページトップ