目の充血【東洋医学で考える】

2020082612251530a.jpg

東洋医学では『目赤(もくせき)』と言います。

両眼あるいは一側の球結膜の充血のことです。


○タイプ別分類○

【風熱 タイプ】
・急激な球結膜の充血
・熱い涙が流れる
・光を眩しく感じる
・目の異物感
・悪寒
・発熱
・頭痛
・鼻づまり


【時邪 タイプ】
・球結膜の充血
・灼熱感が生じ、粘り気が多量な涙
・光を眩しく感じる
・目が開けにくい
・目の異物感
・先ず一側から両眼に波及したり、両眼が同時に発症する
・伝染力が強い
・家族や接触者に伝染することが多い


【邪熱伏絡 タイプ】
・球結膜が淡紅
・表面に大小と密度が不同の血管が縦横に弯曲して走る
・慢性に経過する
・光を眩しく感じる
・涙が流れる
・軽度の痒み
・軽度の痛み
・目が疲れやすい(午後に甚だしい)


【酒毒内蘊 タイプ】
・酒を嗜好する人によくみられる
・球結膜が次第に黄色になって充血する
・眼の乾燥感
・眼の異物感


【肝胆実火 タイプ】
・球結膜の充血、熱感、痛み
・甚だしければ血管が縦横に走行する
・熱い涙が流れる
・目やに
・眼の張った感じ
・体の熱感
・頭痛(頭頂と両側のこめかみに甚だしい)
・口が苦い
・喉の乾燥
・脇や側胸部が張って痛む
・尿が濃い
・便秘


【肝腎陰虚 タイプ】
・慢性病や虚弱者などに好発
・1年に数回ぐらい間歇的に球結膜が淡紅色に充血
・慢性的な経過をたどる
・腰や膝がだるく無力
・手のひら、足の裏、顔が熱くなる
・夕方から夜にかけて熱が高くなる
・寝汗


○タイプ別解説○

【風熱 タイプ】
夏風邪のように、熱の性質が強い風邪をひいていることで生じるタイプです❗
急性カタル性結膜炎などが、これに相当しますね☺️
特徴は、発症は急激ですが伝染力は弱く、球結膜の充血・熱い涙が流れるとともに悪寒、発熱、頭痛といった風邪の初期症状を呈することです

《養生》
風邪をひいている状態ですので、風邪に対する対処法です❗
水分不足にならないように温かくして、早く休むことです❗


【時邪 タイプ】
伝染性の病気に感染して、体の中に熱が盛んになって生じるタイプです❗
流行性角結膜炎などに相当しますね☺️
特徴は、発病が急で伝染性が強く広汎に流行します❗
球結膜の充血・灼熱感を呈し、粘り気のある涙が出て、起床時に両まぶたが貼り付いていることが多いです

《養生》
重症度は体に入った邪の勢いと体質によって異なり、体力的に充実していれば5~7日で、体力的に弱っていれば約2週間で治癒します。
体力的に充実させることが治癒への近道ですので、夜更かしをせずに早寝が欠かせません❗23時までには寝ましょう🎵


【邪熱伏絡 タイプ】
炎症性眼疾患の治療を誤ったために変化したか、砂煙や火に長時間さらされたり、長時間細かな作業を行って目を使いすぎたりすることで生じるタイプです❗
目に熱が鬱積し、血の巡りが滞った状態ですね❗

《養生》
目の酷使、使いすぎに注意してください❗スマハ・パソコン・テレビなど気を付けて下さいね☺️


【酒毒内蘊 タイプ】
酒を好んで呑む方に多いですね☺️体に余分な水分と熱が貯まった状態です❗
また、両眼が次第に黄赤を呈し、血管拡張が明らかでないのが特徴ですね☺️

《養生》
飲酒を控えましょう🎵
また、脂っこいものや味の濃いものは避け、キュウリやスイカなどのウリ系の食べ物やハトムギ茶が良いのではないでしょうか☺


【肝胆実火 タイプ】
イライラや悩み、悲しみ、ストレスなどから生じるタイプです❗
両眼の充血と張った痛みが生じ、口が苦い・咽の乾燥・イライラ・怒りっぽい・脇や肋骨の下辺りが痛むなどを伴うのが特徴ですね☺️

《養生》
イライラ・悩み・ストレスなどの原因を取り除くためには、「自分の考え方を変える❗」ということが根本になりますが(深い~☺️)、なかなか難しい問題ですね☺️
なので、体を動かすことが大切になります‼️ウォーキングでも良いのですが、しっかりと体を動かし運動して下さい❗


【肝腎陰虚 タイプ】
疲れなどの体力的な低下により生じるタイプです❗ガス欠状態ですね☺️
アクセルは踏むけど、燃料のガソリンが無いので空焚きみたいになって、その熱が眼に発生した感じですね☺️

《養生》
体力的に疲れているので、質の良い睡眠は重要です❗23時迄には寝ましょう💤
また、スマホやテレビ・パソコン・読書などの目を酷使するような行動は控えて下さい❗


○まとめ○
自分がどのタイプなのか、大まかな予想は付いたのではないでしょうか😉😉😉
上記の《養生》は、あくまでも体質を正確に分類出来てこその《養生》です。
実際にはもっと正確に細かな体質分類が必要になります。
そして、やはりそれは一定水準以上の鍼灸師でないと難しいので、お近くの"良い"鍼灸院をお選び下さいm(__)m


○参考○
『五官』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-173.html?sp

『めまい』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-234.html?sp

『羞明(しゅうめい)【東洋医学で考える】』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-498.html?sp


○お願い○
下記のGoogleページに『クチコミ』頂けると有り難いですm(_ _)m
宜しくお願い致しますm(_ _)m
https://g.page/umedashinkyu/review?gm
20200302114026095.png


お問い合わせ・予約に関する電話番号・メール。
☎️:06-6881-0302
✉️:umeda.hari@gmail.com  

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント