面白い記事vol.80『歯の痛みにも鍼灸の治療が効果的!?』

「歯が痛い( >Д<;)」

という患者さんの治療を僕も何度も行ったことがありますが、

非常に苦戦した記憶が多いですねぇ~σ(^_^;)?

しかし効果は即時的に感じましたね☺

そんな“歯の痛み”にも、鍼灸は効果的ですよ~‼️って記事ですm(_ _)m

20200720114455b2b.jpg

今までご紹介した記事でも様々な「痛み」に対して鍼灸が効果があるという研究をご紹介してきました。

そもそも「痛み」というのは簡単に言うと危険信号です。

人は痛みを感じることで、自分自身の体を正常に戻そうという機能が働きます。

この痛みには多きく4つに分けられます。

①外傷から末梢神経を通じて脳へ伝わる痛み

②末梢神経自体の痛み

③心因性の痛み

④脳や脊髄の痛み


基本的に痛みは①の傷から伝わる痛みがほとんどといわれています。

この痛みの情報が脳に伝わり、

脳が対策を立てて指示を出す仕組みになっています。
このような痛みを薬でごまかすことはできますが、これらのセンサーの働きを制御してしまうのは、

身体にとって不自然だと言えるのも理解できますね。

今回は歯科的な痛みに鍼灸が効果があるという
ブラジルの研究をご紹介します。

歯医者は痛いというイメージを一新することができるかもしれませんね。

〜〜〜〜〜
救急の歯科にかかる時は、急性の歯の痛みである場合が多いです。

この歯の痛みを鍼灸でコントロールできるかどうかを調査したサンパウロでの研究です。
救急の歯科外来で歯科の施術を受ける前に鍼灸の治療を行い、痛みを和らげることができるかという研究を120の患者を対象に行いました。


10段階のVASを使い、痛みの評価を行いました。

すべての患者は鍼灸の治療を受けました。
VASは治療前で平均6.558でしたが、最終的なVASは平均2.163と減少しました。
このことから、鍼灸の痛みをコントロールする麻酔的な効果は、歯科的にも効果があることがわかりました。


〜〜〜〜〜
このように、歯の痛みに対する効果がみられることが分かります。

今後、歯医者との連携が上手くいくことで、より多くの患者に鍼灸治療を受けてもらいやすくなりますね。

歯の痛みというのは、年齢問わずに幅広い年齢層で症状を訴える可能性があると言えます。

将来的に、麻酔の代わりに鍼灸が取り入れられたり

より、薬を使わない治療が世界的に注目される日もそう遠くはないでしょう。


○参考○
『歯痛・吹き出物』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-315.html?sp

『歯茎が痛い』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-272.html?sp

『面白い記事vol.29『歯の本数が少ない高齢者は睡眠リスク高まる…睡眠時無呼吸症候群が体に及ぼす悪影響』』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-477.html?sp

『腎 vol.3』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-105.html?sp


○お願い○
下記のGoogleページに『クチコミ』頂けると有り難いですm(_ _)m
宜しくお願い致しますm(_ _)m
https://g.page/umedashinkyu/review?gm
20200302114026095.png


お問い合わせ・予約に関する電話番号・メール。
☎️:06-6881-0302
✉️:umeda.hari@gmail.com  

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント