膝の腫れと痛み【東洋医学で考える】

2020042212124163c.jpg

膝の腫れや痛みのことを『膝腫痛(しつしゅつう)』と言います❗

(そのままですよね_(^^;)ゞ)

痛みがあるけど腫れがないものを「膝中痛」と言うのですが、今回のものとは違います😉😉😉

東洋医学では、この膝の腫れと痛みに対して大きく6つのタイプに分類して考えます❗
それぞれのタイプについて今回も書いていきますので、症状がある方は参考にしてみて下さいm(_ _)m


○タイプ別分類○


【気血両虚 タイプ】
・膝の腫れと痛み
・手足がだるく、力が入りにくい
・顔色が黄色い
・頭がふらつく
・動悸


【肝腎両虚 タイプ】
・両膝の腫れと痛み
・腰がだるく痛む
・足の筋肉がやせる
・歩行困難
・頭がふらつく
・元気がない


【湿熱 タイプ】
・両膝の腫れと痛み
・触れると熱感がある
・顔色が黄色で垢がついている
・尿が濃い
・便は初め硬く後が軟らかい


【寒湿 タイプ】
・両膝の腫れと強い痛み
・歩行困難
・顔色は白く青味を帯びる


【熱毒 タイプ】
・膝関節の発赤、腫れと激痛や屈伸困難
・身体の熱感
・イライラ
・口が渇く
・尿が濃く少ない
・便秘


【湿毒 タイプ】
・膝関節の腫れと重だるい痛み
・頭重感
・身体が重い
・手足が張って苦しい
・お腹が張る
・悪心
・嘔吐
・軟便


○タイプ別解説○


【気血両虚 タイプ】
体の働きが弱まって生じるタイプです☺多くは他の疾患の病後に緩慢に発現します。
特徴は、一般的に初期は軽症で、筋肉のやせもひどくなく、歩行が可能なことです❗

《養生》
代謝が下がっている状態ですので、まずは“質の良い睡眠”が不可欠です💤
また、膝に痛みが生じない程度の運動…例えばウォーキング🚶などで体力を付けていくことも大切です


【肝腎両虚 タイプ】
「気血両虚タイプ」同様に、身体の働きが弱っているタイプです☺
膝関節は“肝”、“脾”、“腎”と3つの経絡が通り、肝は腱、脾は筋肉、腎は“骨”を司るものとされています。
そして膝には、この肝経・脾経・腎経が通りますので、この肝と腎の働きが虚しくなることで膝に腫れと痛みが生じてしまうタイプです❗
特徴として重症のものが多く、筋肉のやせも顕著で、歩行困難になりやすいことです。

《養生》
肝と腎が虚しいのを解消するためには、“良質の睡眠”が欠かせません‼️夜更かしは禁物です。23時までには寝ましょう💤


【湿熱 タイプ】
身体に余分な水分余分な熱、そして(東洋医学で言う)風邪が原因で生じるタイプです❗
元来、余分な熱を貯めている体質の方が、湿気の多い環境などに晒されることが原因で生じますね😉😉😉

《養生》
脂っこいもの味の濃いもの甘ったるいものは避けるようにしましょう❗そして、キュウリやスイカなどの瓜系の食べ物、またハトムギ茶が良いものですね😃


【寒湿 タイプ】
身体に余分な水分冷え、そして(東洋医学で言う)風邪が原因で生じるタイプです❗
元来、冷えの体質の方が、湿気の多い環境などに晒されることが原因で生じるタイプです❗
特徴として、局部に冷えを感じたり雨天に痛みが強くなります❗

《養生》
温めてあげることが大切です❗ショウガは温める働きがあることで有名ですよね🎵逆に、刺身や寿司、サラダなどの生ものは避けた方が良いでしょう❗


【熱毒 タイプ】
このタイプには2つの原因があります❗

1つは…外傷。怪我ですね❗東洋医学では怪我をすると血の巡りが悪くなった「瘀血」が生じると考えられています☝️その瘀血が熱化して、膝の腫れと痛みを生じさせているタイプです‼️

2つ目は…東洋医学で「風毒」といって、現代医学で言うところの神経痛リウマチに相当しますね🎵

特徴として、発症が急速で両膝関節に発赤、強い腫れと痛みがあり、錐て刺すような痛みで手も近づけられないことですね😱😱😱

《養生》
外傷によるものは、怪我の処置を行うことですね🎵
風毒によるものは、鍼灸治療でも当然対応出来ますが、神経痛・リウマチと診断されている事が多いですので、そちらの指示に従って下さいね🎵


【湿毒 タイプ】
上の『熱毒 タイプ』に身体の中に余分な水分が貯まっているタイプです❗
特徴として、発症が緩慢で膝関節の発赤はみられないことですね🎵

《養生》
水分の取り過ぎに注意です‼️
また、刺身や寿司、サラダなどの生もの…更に脂っこいものや味の濃いものは避けた方が良いですね🎵


○まとめ○
自分がどのタイプなのか、大まかな予想は付いたのではないでしょうか😉😉😉
上記の《養生》は、あくまでも体質を正確に分類出来てこその《養生》です。
実際にはもっと正確に細かな体質分類が必要になります。
そして、やはりそれは一定水準以上の鍼灸師でないと難しいので、お近くの"良い"鍼灸院をお選び下さいm(__)m


○お願い○
下記のGoogleページに『クチコミ』頂けると有り難いですm(_ _)m
宜しくお願い致しますm(_ _)m
『https://g.page/umedashinkyu/review?gm』
20200302114026095.png


○参考○
『五気』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-529.html?sp

『緑茶』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-151.html?sp

『外傷瘀血』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-369.html?sp


お問い合わせ・予約に関する電話番号・メール。
☎️:06-6881-0302
✉️:umeda.hari@gmail.com  

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント