手足のむくみ・腫れ【東洋医学で考える】

20200124120644db2.jpg

題名にある症状を東洋医学では『四肢腫脹(しししゅちょう)』といいます😉😉😉

手足(上下肢)の腫れ(腫脹)やむくみ(浮腫)のことを言いますが、手足が全部同時になったり、手だけ…足だけ…となったり、また片側だけのことも含みますm(_ _)m


○タイプ別分類○


【湿熱蘊結 タイプ】
・手足に光沢のある発赤、腫れ、熱感
・関節の腫れ、痛み
・発熱
・風にあたることを嫌う
・口が渇く
・煩(わずら)わしくて、イライラする

【気滞肌表 タイプ】
・手足に弾力性のある浮腫
・張った感じがする
・圧迫してもすぐに元に戻る
・皮膚の色が白い
・肋骨の下から脇腹にかけて張って苦しい
・ため息をよくつく

【寒湿凝滞 タイプ】
・手足に固定した関節痛
・特に足に痛みが強い
・手足が腫れて重だるく、動かしにくい

【気虚血瘀 タイプ】
・手足あるいは両方の足に浮腫
・圧迫すると凹んで戻りにくい
・手足の冷え
・シビレ
・動くことがおっくう
・皮膚に紫色のアザがある
・ひどい場合は半身不随がある


○タイプ別解説○


【湿熱蘊結 タイプ】
熱を体に貯めやすい体質の人が風寒湿の邪に侵され、体の中に余分な熱と湿気が貯まって生じるタイプです❗

《養生》
脂っこいもの味の濃い食べ物は控えましょう🎵キュウリやスイカなどの瓜系の食べ物は体の余分な湿気と熱を捌(さば)いてくれます😉😉😉


【気滞肌表 タイプ】
気持ちの抑鬱などのストレスを大きく抱え、身体の巡りが悪くなったところに、気候や環境などの外からの影響を受けて、外邪(※1)からの侵襲を真っ先に防ごうとする体表部分の巡りが滞って生じるタイプです❗

《養生》
昼間に"歩く"と良いですね😃ショッピングや通勤などで歩くのも悪くはないですが、頭への刺激を極力少なくするために"ぶらぶら歩く"ということをお薦めしますね🚶


【寒湿凝滞 タイプ】
体が疲れたりなどで弱っているところに、寒邪(冷え)湿邪(余分な水分)が滞って生じるタイプです❗

《養生》
体を動かしたり湯船にゆっくり浸かるなどして体を温め、温まることで余分な水分も発散されます😊運動しましょう🏃
また、お刺身やサラダなどの生ものは体を冷やし水分を貯めてしまう作用があるので控えましょう😊😊😊


【気虚血瘀 タイプ】
上の『寒湿凝滞タイプ』同様に、体が疲れている状態です❗疲れているので、(東洋医学でいうところの)血を巡らせる働きが弱り、血の巡りが滞った状態である血瘀が生じ、手足のむくみや腫れが生じるタイプです❗

《養生》
まずは疲れをとることが先決です😉良質の睡眠が欠かせません‼️23時までには寝ましょう💤
体力の回復と共に歩いたりなど適度な運動を加えて行くと更に良くなるでしょう🎵


○まとめ○

自分がどのタイプなのか、大まかな予想は付いたのではないでしょうか😉😉😉
上記の《養生》は、あくまでも体質を正確に分類出来てこその《養生》です。
実際にはもっと正確に細かな体質分類が必要になります。
そして、やはりそれは一定水準以上の鍼灸師でないと難しいので、お近くの"良い"鍼灸院をお選び下さいm(__)m


○参考○
※1:『外因(六淫)』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-25.html?sp

『『血』 vol.2』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-46.html?sp


お問い合わせ・予約に関する電話番号・メール。
☎️:06-6881-0302
✉️:umeda.hari@gmail.com  

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんにちは、

妻も施設で足に水が溜まり、弾性タイツを履いて良くなりました。
私も2泊3日の腹々鏡手術でもタイツを履かされました。
男性タイツではなく弾性タイツでした。(笑)

Re: こんにちは、

> 妻も施設で足に水が溜まり、弾性タイツを履いて良くなりました。
> 私も2泊3日の腹々鏡手術でもタイツを履かされました。
> 男性タイツではなく弾性タイツでした。(笑)

こんにちは。
弾性タイツもいろんな種類がありますから、体に合ったのですね😃良かったですね😃
男性タイツだったら治ってなかったかもしれませんね(笑)