内因(七情) 補足

数回に渡って『内因(七情)』の話をしてきました。

過度の情志の変化は、臓腑や気血の働きにも変化をおよぼします・・・って。

当然、逆もあります!!


臓腑気血の失調が、情志の変化をもたらすパターンですね!!


時々ある事なのですが、

何処か身体に痛みなどの症状があると、

「すごい病気なんじゃないか?」「このまま死んでしまうんじゃないか?」

など、徐々に不安が増していき、寝つきも悪くなったりなどして、なお一層治りにくい状態になってしまうケース。

治りにくいならまだしも、臓腑気血の機能失調が情志の変化を引き起こし、さらに身体に悪影響を与え、病状を悪化させる、悪循環を作ってしまうケース!!

正直、この様な循環が形成された疾病の治療は、非常に大変ですね~(>_<)


自分で自分自身を苦しめている部分が大きいので・・・


病気になって、さらに自分の足を引っ張らない為にも、病にうち勝つ強い決心と信念を持つ事が重要ですね!!





梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント