眠い💤とにかく眠い😪💤💤…嗜睡(しすい)【東洋医学で考える】

先日の記事(※1)を患者さんが読んで下さっていまして、治療中に認知症の話になりました。

ちょうどその患者さんのお母様が患っているそうでして、東洋医学的な知見での話をしました。

その会話の中で…

「眠たくて仕方がないみたいなんです(>_<)」
「すぐに寝てしまう💤んです(?_?)」


ということで今回は…

西洋医学では『ナルコレプシー』になるのでしょうか…

東洋医学では『嗜睡』という症状について…m(_ _)m

202001091235375b3.jpg

○タイプ別分類○

【湿困脾陽 タイプ】
・体がだるくて眠い
・頭がしめつけられるように重い
・四肢が重だるい
・食欲がない
・上腹部が張って苦しい
・口が粘る
・喉の渇きがない
・便が柔らかい
・膝から下が浮腫む


【心脾両虚 タイプ】
・倦怠感
・いつも眠い
・顔色につやがない
・食欲がない
・泥状~水様便
・動悸
・息切れ
・女性では月経不順があり、経血の色が薄く量が多い


【腎陽虚 タイプ】
・元気がない
・疲労倦怠感
・いつも眠い
・尿量が少ない
・浮腫
・腰が冷えて痛い
・膝以下の冷え
・寒がり体を縮める
・唇や爪が青紫色


【腎精不足 タイプ】
・けだるくいつも眠い
・頭がボーッとして思考力が鈍い
・仕事を続ける元気がない
・物忘れが多い
・耳鳴り
・聴力減退


○タイプ別解説○

【湿困脾陽 タイプ】
雨にうたれる、水中を歩く、湿地で生活する、生物や冷たい物を過食するなどの外因(※2)や、消化器系が弱ることで体の中に余分な水分が貯まる(※3)ことで生じるタイプです❗

《養生》
上に書いている、生物や冷たい物を摂取することを先ずは控えましょう❗また体に余分な水分が貯まっている状態ですので、瓜系の食べ物やハトムギ茶が良いのではないでしょうか(^.^)それから、胃腸が弱っている状況ですので負担を減らすためにも、よく噛んでゆっくり食べることを心掛けて下さいね(^o^)


【心脾両虚 タイプ】
病後の消耗、思慮過度、飲食の不摂生、出血などにより、精神状態を主(つかさど)る"心"と消化器系を主る"脾"のエネルギー不足から生じるタイプです❗

《養生》
病後で体力が消耗している場合は、まずはしっかり休んで元気を取り戻すように努めて下さい❗悩み事などで嗜睡が生じている方は、悩み事を解決することが得策ですが、なかなか簡単には解決出来ないのが現状だと思います_(^^;)ゞ以前に何度も書いていると思うのですが、楽しく体を動かしてあげるようなことを取り入れてあげると良いと思いますよ(^_^)手足を動かして胃腸(脾)の働きを上げてあげることで、悩み事も上手に気持ちを整理出来るようになるかもしれませんよ(^_^)v


【腎陽虚 タイプ】
風邪の侵襲度合いが体の深い所まで及んでしまったり、「誤治(ごち)」といって誤った治療をしてしまったりすることで、体を温める昨日が弱ってしまうことで生じるタイプです❗
東洋医学では「陽虚陰盛」の状態と表現されるですね‼️

《養生》
体を温める機能が低下していますので、温めて下さいm(_ _)m
それでも症状が改善されない時は、西洋医学では説明しにくい「誤治」ということが絡んでいることがあり得ますので、一度しっかりと診てくれる鍼灸院を訪ねてみては如何でしょうか。


【腎精不足 タイプ】
過労・慢性疲労・加齢による異常な衰弱・セックス過多などにより、東洋医学でエネルギーの根源とされる「腎精(じんせい)」が不足することにより生じるタイプです❗(※4)
この"腎精"は脳の活動に栄養を与える働きがありますので、腎精が不足することで脳に栄養が与えられず、分類の項であるように、頭がボーッとして思考力が鈍くなったり、仕事を続ける元気がなくなったり、いつも眠くなったりなど、脳の活動が低下してしまっているような症状に見舞われるんですね😣😣😣

《養生》
エネルギーが不足している状態ですので、まずは良質の睡眠は欠かせません‼️そして、栄養のあるものを摂取すると良いでしょう👍


○まとめ○
自分がどのタイプなのか、大まかな予想は付いたのではないでしょうか😉😉😉
上記の《養生》は、あくまでも体質を正確に分類出来てこその《養生》です。
実際にはもっと正確に細かな体質分類が必要になります。
そして、やはりそれは一定水準以上の鍼灸師でないと難しいので、お近くの"良い"鍼灸院をお選び下さいm(__)m



○参考○
※1:『面白い記事vol.51『アルツハイマー病、治療に向け画期的研究結果…超身近なウイルスが関与か 』』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-597.html?sp

※2:『外因(六淫)』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-25.html?sp

※3:『湿邪!!』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-30.html?sp

※4:『腎 vol.1』
https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-99.html?sp




お問い合わせ・予約に関する電話番号・メール。
☎️:06-6881-0302
✉️:umeda.hari@gmail.com  

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント