難聴・耳鳴り【東洋医学で考える】

20191121160521b32.jpg

東洋医学の用語では難聴のことを『耳聾(じろう)』と言います。さらに細かく、軽症ではっきり聞こえないものを『重聴』、重症で全く聞こえないものを『全聾』と言ったり、様々な言い方があります。

難聴と耳鳴りは実際に密接な関係があるので、まとめて書いてますm(_ _)m



【風熱襲肺 タイプ】
・片側あるいは両側の難聴
・風が吹くような耳鳴り
・耳がつまる感じ
・鼻づまり
・鼻汁が多い
・頭痛
・発熱

【肝火 タイプ】
・突発性の難聴と耳鳴り
・ひどくなると、聴力が完全に消失する
・鐘が鳴るような音がする
・雷が鳴るような音がする
・潮騒のような音がする
・耳が張って痛む
・耳がつまる感じ
・口が苦い
・のどが乾く
・顔が火照って赤くなる
・眼の充血
・便が硬い
・尿が濃い

【肝陽上亢 タイプ】
・聴力減退
・耳鳴り
・めまい
・頭が張って痛む
・顔が火照って赤くなる
・眼の充血
・不眠
・物忘れ
・喉や口の乾燥
・腰や膝がだるく力が入らない

【肝血虚 タイプ】
・増減するセミが鳴くような耳鳴り
・聴力減退
・めまい
・夢をよく見る
・眼の乾燥感
・視力低下

【腎陰虚 タイプ】
・次第に聴力が減退する
・セミの鳴き声のようなかすかな耳鳴り
・頭のふらつき
・めまい
・不眠
・遺精(精液が漏れる)
・口や喉の乾燥感
・手のひらや足の裏が熱い
・寝汗
・腰や膝がだるく痛む

【腎陽虚 タイプ】
・慢性的な聴力減退と耳鳴り
・寒がり
・四肢の冷え
・腰や膝がだるく力が入らない
・遺精
・インポテンツ
・尿量が多い
・倦怠感
・食欲不振
・泥状便
・顔色が青白い

【心腎不交 タイプ】
・聴力減退
・耳鳴り
・焦燥感
・不眠
・動悸
・物忘れ
・腰や膝がだるく力が入らない
・午後に熱が出る
・寝汗
・尿が濃い

【脾胃気虚 タイプ】
・難聴
・耳鳴りが疲労によって増悪する
・倦怠感
・食欲不振
・食後にお腹が張る
・顔色が黄色い
・泥状便

【痰火 タイプ】
・両耳がゴウゴウ鳴ってはっきり聞こえない
・耳がつまる感じ
・頭のふらつき
・頭が重く感じる
・胸が張って苦しい
・咳
・痰が多い
・大小便がすっきり出ない

【気滞血瘀 タイプ】
・突発的に難聴、耳鳴りが生じる
・頭のふらつき
・頭痛
・イライラ
・肋骨の下辺りが張って苦しい


○タイプ別解説○


【風熱襲肺 タイプ】
風邪によって起きる難聴と耳鳴りですね☺️

《養生》
風邪をひいた時の正しい対処をしてあげると良いということです👍
早く寝て、体を冷やさないように温かくし、適度に水分を取る❗ってことですね(^_^)


【肝火 タイプ】
『怒り』によるストレスから生じる難聴、耳鳴りのタイプです☺️
発症が急速で、症状が重度なところが特徴ですね❗

《養生》
「そんなので怒らないで~(>_<)」
「そんなのでストレス感じないで~(>_<)」
と言いたいところですが、急になかなか変えれないと思います。
ですから、体をよく動かして下さいね🏃氷枕なんかで頭を冷やしてあげるのも効果的だと思います(^_^)


【肝陽上亢 タイプ】
上の『肝火タイプ』同様に"怒り"から生じるタイプですね☺️
違いの特徴としては発症が緩慢で症状が増減するところです(^_^)

《養生》
『肝火タイプ』と同じですね❗
あと、炭酸飲料も良いですよ(^.^)


【肝血虚 タイプ】
大量出血、慢性病、血の不足により生じるタイプです☺️

《養生》
本やスマホなど、目の使いすぎは良くないです❗
レバーや赤飯、豚肉など血を補う働きのある物を積極的に摂りましょう(^_^)


【腎陰虚 タイプ】
体をクールダウンさせる働きが弱くなってきて生じるタイプです☺️疲れている…身体の機能が落ちてきている状態ですね_(^^;)ゞ

《養生》
「早く寝る💤」これにつきます❗遅くても23時迄には寝ないとダメでしょうね‼️
根菜、ネバネバしたもの、黒いものを積極的に摂りましょう(^_^)


【腎陽虚 タイプ】
上の『腎陰虚タイプ』と似ていますが、こちらは逆に身体を温める機能が落ちてきている状態ですね☺️
少し難しいのですが、"陰"が虚しくなっている体質なのか"陽"が虚しくなっている体質なのかの違いなんです_(^^;)ゞ

《養生》
体をよく動かして、身体を芯の部分から温めてあげる力をつける事が大切なんです❗
体が冷えないように常に心掛けて下さいよ‼️


【心腎不交 タイプ】
東洋医学的な考え方ですが、身体をクールダウンさせたり、温めたりしてバランスを取る働きが狂ってしまって生じるタイプです☺️
上の『腎陰虚・腎陽虚タイプ』に似ていますね(^_^)

《養生》
『腎』の働きを安定させるという目的で、ここでも欠かせないのが『良質の睡眠』です‼️
早く寝て下さいよ💤


【脾胃気虚 タイプ】
イメージが湧きにくいと思うのですが…σ(^_^;)?
胃腸の働きが弱って生じるタイプなんです☺(説明が長くなりそうですので、省きま~す😋😋😋)

《養生》
胃腸に負担を掛けない事が基本です❗
例えば…よく噛んで食べる。香辛料の多いものや脂っこいもの、また冷たいものの食べ過ぎに注意して下さい❗
食べてすぐ寝る💤のも良くないですね‼️


【痰火 タイプ】
こちらも東洋医学的な考え方ですが、身体の中に余分な水分と余分な熱が貯まることで生じるタイプです☺️

《養生》
キュウリ、ゴーヤやスイカ、メロンなどの瓜系の食べ物を積極的に摂りましょう❗あっ‼️ハトムギ茶も良いですね(^.^)


【気滞血瘀 タイプ】
悲しかったり…悩んだり、また怪我などから、身体の巡りが悪くなって生じるタイプです☺️

《養生》
怪我をしていると少し難しいですが、楽しく体を動かすような事をすると良いでしょうね🏃


○まとめ○

自分がどのタイプなのか、大まかな予想は付いたのではないでしょうか😉😉😉

上記の《養生》は、あくまでも体質を正確に分類出来てこその《養生》です。
実際にはもっと正確に細かな体質分類が必要になります。
そして、やはりそれは一定水準以上の鍼灸師でないと難しいので、お近くの"良い"鍼灸院をお選び下さいm(__)m



○参考○

『難聴と睡眠』
『冷えて難聴』


お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com  

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント