FC2ブログ

口内炎【東洋医学で考える】

口内炎などの口腔内の粘膜や舌面に潰瘍・びらんなどが生じたものを東洋医学では…

『口中生瘡(こうちゅうせいそう)』

と言います。

症状と病理機序の違いで、
口内の潰瘍が限局し軽度なものを「口瘡」
口内が腐乱したようにびらんして範囲が広い重症を「口糜(こうび)」
小児の栄養不良に関連して発生するものを「口疳(こうかん)」
さらに口角炎に相当するものを「口吻瘡(こうふんそう)」

、と口中生瘡とは少し異なって来ますが、病理機序が類似していますので、先人達も同類とみなしていましたので、皆さんも同様に下の分類を参考にして頂ければと思いますm(_ _)m

今回の症状は大きく3つのタイプに分類されます‼️

20190924190415e4c.jpg


【脾胃積熱 タイプ】
・口内、唇、舌、歯茎などに潰瘍が生じる
・潰瘍周囲が発赤して腫れて痛みがある
・悪化すると舌、頬が腫れる
・喉が渇き、冷たい飲み物を欲しがる
・便秘
・尿の色が濃い
・体が熱く感じる

【陰虚火旺 タイプ】
・何度も口内炎を発症する
・潰瘍面が黄白色で周囲が淡い赤色をしている
・夜に痛みが増強する
・疲労や睡眠不足で発生することが多い
・口が渇く
・イライラ
・焦燥感
・不眠
・手のひらや足の裏のほてり

【中気不足 タイプ】
・何度も口内炎を発症する
・潰瘍が淡い色
・痛みは軽度
・食欲がない
・腹部膨満感
・便が軟らかい
・倦怠無力感
・息切れ
・話すのがおっくう


○タイプ別解説○


【脾胃積熱 タイプ】
飲食物の不摂生、飲酒癖、辛いものや脂っこいものを好んで摂取することで、胃腸に熱がこもった状態により生じるタイプです‼️
だから余分な熱を冷ましたいので、冷たい飲み物を欲しがったり、こもった熱により体が熱く感じるんですね😉

《養生》
原因にあるように、暴飲暴食や辛いもの、脂っこいものは、体に余分な熱を生じさせてしまうので、控えた方がよいですね😃
消化のよい、あっさり・サッパリしたものがよいですね😃


【陰虚火旺 タイプ】
体をクールダウンさせる働きが低下することで生じるタイプです‼️
このクールダウンさせる働きを東洋医学では『陰陽』の"陰"が担っていると考えています❗その"陰"が"虚しく"なっている状態です‼️

《養生》
"陰"が"虚しく"なってしまう大きな要因は、心身の疲労です‼️
そして"陰"を補うためには質の良い睡眠が欠かせません‼️
23時までには寝ましょう💤寝る前までスマホを見てると睡眠の質が落ちちゃいますよ~😏😏😏


【中気不足 タイプ】
上の陰虚火旺タイプと同様に心身の疲労により生じるのですが、こちらのタイプは身体全体が弱った状態‼️つまりガス欠状態です‼️
過労や長期間病気になることで胃腸の働きが弱り、胃腸の働きが弱ることでエネルギーを作り出す働きが弱なくなってしまったことで引き起こされるタイプですね😃

《養生》
体力的な低下があるので、こちらも先ずは"質の良い睡眠"が非常に大切です‼️
23時までには寝るようにしましょう💤
また胃腸の弱りがあるので、胃腸の仕事量を減らしてあげるためにも、よく噛んで食べて下さいね😃


○まとめ○


自分がどのタイプなのか、大まかな予想は付いたのではないでしょうか😉😉😉

上記の《養生》は、あくまでも体質を正確に分類出来てこその《養生》です。
実際にはもっと正確に細かな体質分類が必要になります。
そして、やはりそれは一定水準以上の鍼灸師でないと難しいので、お近くの"良い"鍼灸院をお選び下さいm(__)m



○参考○
口唇ヘルペス

口唇ヘルペス―2

口唇ヘルペス―3

身体が熱くて眠れない~




お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com  

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp

コメント

非公開コメント

プロフィール

梅田鍼灸治療院・整骨院

地下鉄『南森町駅』、JR東西線『大阪天満宮駅』③番出口から徒歩1分。ホームページhttp://www.umeda-hari.jp

梅田鍼灸治療院・整骨院