雑誌掲載?vol.2

前回の記事(https://blogs.yahoo.co.jp/umedahari/15695004.html)の続きです

雑誌掲載
について、載せるべきか?載せないべきか?を決断出来ない僕の話を、
桂南光さん
に相談しよう❗という内容です



鍼灸治療を終え、受付に向かわれる時に、

僕:「あの~💧相談があるのですけど~💧」

南光さん:「女性のことですか?


僕:「違います~
真面目な話です~


という南光さんらしいやり取りから、事情を細かく説明し、話を聞いて頂きましたm(__)m

南光さんからの答えは…

『No


「こちらから掲載費
を払って載せるのはダメですよ
逆に相手からお願いされて載せるパターンでないとダメですよ
」と。

なるほど~
そういった仕組みなんだ~
と勉強になりましたm(__)m

(これから、その類いの雑誌の特集を見る眼が変わっちゃいましたね
)

更に南光さんは…

「いろいろ発信するために僕なんかで良いなら、僕や
米團治くん(桂米團治さん)

英華ちゃん(内海英華さん)
の写真
を使ってくれて良いですよ


って言って下さったんです




でも…待てよ


「肖像権とかあるんじゃないないんですか?」

と訪ねると、

「僕本人が今、ここで、🆗出すから🆗です‼
使って下さい‼大丈夫です‼また写真
撮りましょう🎵」

とまで言って下さったんです(ToT)

そして翌週、来院された際には…

「米團治くん(桂米團治さん)にも、この前会ったときに写真
使っても良い了承を取っておいたので、使って下さいね


って…(ToT)

ありがたいお言葉~(ToT)


と言うことで、以前一緒に撮って頂いた写真の中から1枚ずつ✌






お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com 

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

良かったね 手の内が理解できたようですね。

No title

> レンさん
そーなんです。手の内が理解出来ました(>_<)でも一般の読者は掲載されているだけで、凄いと思っちゃうんでしょうね(ToT)