ホームページでも安心を

当院で鍼灸治療を受けようと思い、連絡を頂く新患さんのケースで、

(当たり前ですが…
)今までに鍼灸の経験がある方とそうでない方がおられます

そして、経験のある方のほとんどが…

肩凝りなら「はい!解りました~
」と肩周りにバスッ!バスッ!と…
腰痛なら「腰の筋肉緩めましょう~
」と腰周辺にバスッ!バスッ!と…

痛みを訴えているところに鍼や灸をして終了


という作業を経験されてきた方が多く、鍼灸治療とは、そういうものだ
と思っている患者さんが多いです


同業としては悲しい限りです


国語を学ぶ上では、国語の教科書

数学を学ぶ上では、数学の教科書


それと同じように、鍼灸を学ぶ上でも教科書があります

その教科書が【黄帝内経 素問】【黄帝内経 霊枢】です

そして、その教科書にちゃんと書いてあるんです



『凡将用鍼、必先診脈、視気之劇易、乃可以治也』

「凡そ将に鍼を用いんとすれば、必ず先に脈を診、気の劇易を視て、乃ち以て治すべきなり」


つまり…
「鍼刺す前に、ちゃんと脈診なさいよ

って!(略し過ぎかな(^-^;)

だから脈を診ずに鍼を刺す作業は、残念ながら"東洋医学ではない"んです


悲しい現実です


そして…

鍼灸治療を受けるのが初めての患者さん。

やはり世間や知人の声、自分の中でのイメージ等、鍼灸に対する不安
を多く抱いておられます

実際に治療する際に(鍼を刺す前に)、多くの患者さんが不安に感じている項目について説明しますが、

もっと早い段階で少しでも不安要素を減らせれば良いなぁ~
と、

ホームページにも新たにページを追加してみました
(http://www.umeda-hari.jp/sezyutu/index.html)





お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com 

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント