『潮熱(ちょうねつ)』

少し前までインフルエンザ
が流行り、体調を崩されている方
が多かったですが、少し落ち着いた感じですね

しかしまだ本調子ではなく、スッキリされていない方も多いようです


先日治療をしていまして、患者さんから

「夜
になると熱が出るんです~


という話がありましたので、それについて…。




一般的には夜
が多いのですが、一定の時間に発熱するものを東洋医学では
『潮熱(ちょうねつ)』
って言うんです



の干潮、満潮が定まった時間に来ることからですね


そして今回の「夜になると…」というケースを『夜間潮熱』と言います


この症状の時、東洋医学では皆さんもご存知の




この"陰"が不足している状態の『陰虚(インキョ)』ととらえるんです


つまり内在的な力、身体を整える力が足りていない状態なんです


まだ弱ってるよ~


って状態ですね


だから言葉の通り…

足りてない"陰"を補ってあげれば身体は良くなる‼

ということです。

治療では"陰"を補ってくれるツボ…

例えば、一度は耳
にしたことがあるであろうツボで言いますと、(オーソドックス過ぎて恥ずかしいですけど…
)『三陰交(さんいんこう)』に鍼や灸をして、"陰"と"陽"のバランスを整えます

そして養生も大切になりますね


(平凡で申し訳ないのですが…)「早く寝る




これに限りますね


まだまだ寒い日
が続きます。『夜間潮熱』の症状がある方は、"陰"が足りてないので補って下さいね

鍼灸治療も受け付けていますので、宜しくお願い致しますm(__)m



お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com 

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント