『社会は変えられる』





凄く感動
、そして感銘
を受けました

医療に携わる立場というだけでなく、(大げさではなく)日本国民として非常に感動しました


今の医療体系
では国民皆保険制度が破綻してしまう心配がなされています

この制度は世界中から見ても非常に素晴らしい制度ですが、超高齢化に向かう中でパンク
してしまいそうなんです


そんな素晴らしい制度を維持して行くためにどの様な取り組みが必要なのか


ひと昔前は感染症などの外因性で原因が単一な病気が主流でした

だから西洋医学が強かったんです

効いたんです


しかし今の病気の主流は生活習慣病や癌などの老化型疾患です


これらの病気は、その人の性格・体質や食事、人間関係など、様々な内因性の要因が絡み合って生じています

だから単一的なアプローチを行う西洋医学では、"治す"という目的においては良い結果が出にくく、"治療"という名の"経過観察"的な作業が続くのです



医療を施す側
、そして
医療を施される側
の患者さんの両者に意識の改革を投げ掛けています


そして…

『死生観』

頭の中では解っていると思います


"致死率は100%"


ということを!

しかしこの『死』というものを日常から遠ざけていることが、医療費の増大に繋がっていると問題視されていました

ホント
感動しました





(活字嫌いの僕が言うのもなんですが…)
超~オススメです






お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com 

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント