長い鍼




先日電話
で問い合わせがありました

「長い鍼使っていますか?」

って…('_'?)?

確かに、鍼の長さはいろいろあります。
しかし"長い"という感覚は人それぞれですよね


当院で使用している鍼は1寸~2寸(1寸が30mm)までの鍼を使用していますが、はたしてその長さは、電話の向こう側の方にとっては長いのでしょうか?
短いのでしょうか?


美顔鍼で使用するような鍼を基準にされていたら、2寸の鍼は長く感じるでしょうし、

ドラマなどで出てくるような中国鍼をイメージしていると、2寸の鍼は短く感じるでしょう

何故そんな質問をするのか、質問の真意が読めませんでした


すると患者さんの方から…

ギックリ腰になったそうなのですが、以前ギックリ腰になった時に、長い鍼を腰にしてもらったら、良くなったそうです


前に診てもらった院が今は無くなったので、前回の経緯があり、長い鍼を扱っている院を探しているのだそうです





長い鍼は深く刺せるから効き目がよく、
短い鍼は浅くしか刺せないので効き目が弱い

と思っているようでした


確かに深く刺したい時は長い鍼を使います。しかし、それは決して効果に比例するものではないんです


何故なら…

(そういう時もありますが…)

本来は…

「この筋肉に刺そう!」
「この靭帯に刺そう!」

と、"物"に刺すんじゃないです


ちょっと怪しく、ややこしい話になるんで、簡単(?)に言うと"邪(じゃ)"に刺すんです

(余計に怪しいか…(^^;)

でも…

"長い鍼で深く刺すから効く"

というのは…

完全な、大きな間違いなんです



しかしそのような…


刺激が強ければ効く


のような、きらいは非常に感じます


整形外科に勤めていた時でも、リハビリの電療(電気治療)
の際に…


電気が強い方がよく効いて、早く治る


と思っている患者さんが多かったです


「刺激が強い方が効いている」

という風潮は根強いですねぇ~


鍼灸治療=肩こりや腰痛、ギックリ腰

と思われている方が多いように、鍼灸治療に対する誤解はまだまだ沢山あるようです


そういった鍼灸に対する誤解を少しずつでも、多くの方に理解してもらえるように、

実際の院での治療は当たり前ですが、僕もこのブログを通じてなど、啓発活動も含め頑張らないといけないなぁ~


と思わされました。



お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com 

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント