恬淡虚無(てんたんきょむ)





少し前のブログ
『"欲"は渇く』を載せましたが、

東洋医学を学ぶ上でのバイブル、『黄帝内経』


その中でも

は身体を悪い方向に向かわせる


と言っています


恬淡虚無 真気従之 精神内守 病安従来

恬淡にして虚無ならば真気はこれに従う、
精神を内守すればどうして病気になることがあろうか?
(黄帝内経素問 上古天真論篇)

心静かに、無闇やたらと欲望を起さなければ、真気(生命エネルギー)は全身にめぐり、精神(正常な自律神経、免疫力)が体内をガードし、病気になろうはずがない


"恬淡虚無"であることが
真の意味での健康
な状態を築くこと



【恬淡虚無】

私心なく物事にこだわらずあっさりしていること。 
道家思想の根底をなす。 
恬淡は物に執着せず心安らかであること。 
虚はつきぬけて空っぽであるの意。 
無も同様の意を持つ。 
東洋思想における虚と無は、空っぽの状態ではなく超越した状態と捉えられることが多い。 

だそうです


う~ん
難しいことですよねぇ~


⚫参考⚫
・『"欲"は渇く』



お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com 

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント