生理痛《嘔吐》【東洋医学で考える】vol.2




前回の続きです


それぞれのタイプ別に対してのワンポイントアドバイスです



【肝胃不和 タイプ】
イライラ
や悩み事
・心配事
、悲しい事
など、気持ちがスッキリしない状態が胃腸の働きを悪くしてしまい、嘔吐してしまうタイプですね

イメージしやすい例えで言うと、ストレス性胃炎みたいな感じですかね


《養生》
気持ちをスッキリ、穏やかになれる事
が根本的な解決になります。しかし、それをすぐに実行することは非常に難しいですよね
そういう場合は体をよく動かして下さい
‼楽しく
体を動かせると、なお良いと思います



【痰飲伏胃 タイプ】
体の中に余分な水分
が貯まった状態ですね

体に余分な水分が貯まった為に、胃腸が処理しきれずに吐き出しちゃう!って感じですかね
肥満傾向の方に多いタイプですね


《養生》
体の中に余分な水分が貯まっている状態ですので、単純に水分の取り過ぎに注意
ですね
キュウリやスイカなどのウリ系の食べ物は余分な水分を除去してくれるのには、持って来いの食材です。それからハトムギ茶
も良いですね


【脾胃虚弱 タイプ】
元来、胃腸の働きが弱い体質の方ですね

生理時は血を失うと言うことで、この働きが更に弱ります

当たり前ですが、口から摂取した飲食物は食道、胃、十二指腸、小腸…と下へ下へと送られて行くのが普通です。しかし元来、胃腸の働きが弱い体質の方はこの下へ送る働きが一層弱り、下へ送る事が出来ずに上げてきて、嘔吐してしまう!と言う感じですかね


《養生》
油っこい物や、味の濃い物は避けた方が良いですね
胃腸に優しい煮炊きした物が良いでしょう

東洋医学では胃腸は手足に繋がると言う考えがありますので、激しい運動ではなく、ウォーキングなど軽めの運動
で体を動かしてあげる事も大切ですね




如何でしたか?
生理時に生じる『嘔吐』について東洋医学でのタイプ別分類と、それぞれのタイプに対してのワンポイントアドバイスを書いてみました


実践してみても良くならない…または悪くなった…などの場合は、

前回も書きましたが、しっかりと
タイプを見極めれる
鍼灸院を訪ねてみては如何でしょうか



○参考○
生理痛《嘔吐》【東洋医学で考える】vol.1
(https://blogs.yahoo.co.jp/umedahari/15287890.html)


お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com 

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント