生理痛《嘔吐》【東洋医学で考える】vol.1




今回は月経期に嘔吐
を伴う症状について、東洋医学ではどのようなタイプがあるのかご紹介していきましょう!

この月経期の嘔吐を『経行嘔吐(けいこうおうと)』と言うのですが、

たまたま嘔吐する程度のものは経行嘔吐に含まず、生理の度に嘔吐するものを経行嘔吐と言いますので、あしからず…m(__)m

今回のタイプは大きく3つです



【肝胃不和(かんいふわ) タイプ】
・生理時に胸が苦しい
・乳房が張る
・生理時に胃酸が上がり口が酸っぱくなる
・ゲップ
・頻発する嘔吐
・イライラ
・怒りっぽい
・食欲不振
・倦怠感
・経血量が少ない
・経血の色が紅い
・血の塊が混じる


【痰飲伏胃(たんいんふくい) タイプ】
・生理時に水気の多い嘔吐
・胃の部分がつかえて張る
・口が粘る
・食欲がない
・水を飲むとすぐに嘔吐する
・頭がふらつく
・目がかすむ
・月経周期が長い
・経血の色が淡い
・経血量が少ない


【脾胃虚弱(ひいきょじゃく) タイプ】
・食が細い
・お腹が張る
・泥状~水様便
・生理周期が短い
・経血の色が薄い
・経血量が多い


さぁ、どのタイプだったでしょうか?


これはあくまで大まかな分類です
実際に私達が治療を行う時には、もっと沢山の情報から更に細かく分類していきます


しかし「このタイプかなぁ~
」と予想がついた方も少なからず居られるかと思います

自分の体質を知ると言うことは、症状の改善への第一歩です


症状の改善を強く望まれている方は、お近くのしっかりとタイプを分類出来る鍼灸院で治療を受けてみては如何でしょうか


そして症状の改善には
養生
が非常に重要になって来ます

そこで次回はそれぞれのタイプ別に養生をお伝えしたいと思います

つづく…m(__)m


お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com 

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント