『啓蟄』




今日3月6日は"啓蟄"ですね


「陽気に誘われ、土の中の虫が動き出すころ」
「冬ごもりしていた虫が、姿を現し出すころ」です

虫に限らず、さまざまな生き物が目覚め
始めます!

動物や草木
、そして人
も然りです


東洋医学のバイブル
『黄帝内経 素問』でも、この春
の季節を"発陳(はっちん)"と表現されています!

『陳』には「古い」と言う意味があり、冬
に貯まった古いものを外へと押し出す季節として表現されています

ニョキ
ニョキ
と動き出そうとする季節です

草木の芽が上へ上へと伸びるように、人の陽気も上昇しやすい季節です


陽気が上昇することで、例えば…

・のぼせ
・イライラ
・めまい
・過食、拒食
・花粉症
・不眠

などの症状が出やすいです


散歩や体をよく動かす
などを行って、心身共にゆったり伸びやかな気持ち
で過ごす事が非常に大切です


文章では簡単ですが、実際に行動に移すのは非常に難しいかもしれません


しかし、この時期調子の悪くなりやすい方は、実行するかしないかで、症状の改善に大きく差が出ます


他にもこの時期の養生はいろいろありますが、先ずはそこから




お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com 

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント