不妊【東洋医学で考える】vol.2

前回(https://blogs.yahoo.co.jp/umedahari/15210347.html)の記事
の続きですね


"不妊症"になりやすい体質を東洋医学の視点
から、様々なタイプ(証(ショウ))で分類してみましたが、

今回はそのタイプ別にどの様な"養生"を行えば良いのか、参考として書いてみました






【腎虚タイプ】
もともと身体の強くない、虚弱体質の方や体力の衰えが目立つ方がこのタイプですね

前回にも書いた下腹部が冷えていたり、足腰が重だるい等の症状が特徴的ですね



《養生》
"早寝
"が最も大切ですね

「遅くても23時
までには寝る


そしてそこに、下半身を冷やさない様に半身浴や足湯がお薦めですね

また、"根菜"、"ネバネバしたもの"、"黒いもの"を積極的に食べる
と良いと思います。



【気血両虚タイプ】
上の『腎虚タイプ』に似て、虚弱傾向の方になりやすい『不妊症』ですが、こちらの特徴としては胃腸の働きが弱い方です
胃腸の働きが弱いので、身体に必要なエネルギーを十分に作れないタイプですね



《養生》
体力を付けることが大切ですね
疲れやすい体質ですので、ウォーキングやジョギング等
の余り無理をしない程度の運動が良いと思います。



【陰虚血熱タイプ】
手足が熱かったり、顔が火照ったり、熱を持ちやすい体質の方ですね。特にこの『不妊症』に関して言うと、骨盤内に熱が鬱積した状態なんです

また慢性的に内臓に疾患を患っている(潰瘍性大腸炎etc.)方や、熱性疾患を患っている事が要因で『不妊症』に陥りやすいタイプですね


《養生》
熱を持ちやすい体質の方は前述しましたが、"量"ではなく"質"の良い睡眠
を取る事が非常に重要です
23時
までには寝る


また慢性疾患を患っている方は、それを"根本的"に"鍼灸"で治療する事が解決に繋がると思います

そして脂っこい物
や飲酒量
は控えた方が良いですね




【肝気鬱血タイプ】
感情が抑鬱して気持ちの安定、身体の安定を保てなく、巡り(気血の巡り)が悪くなり『不妊症』に陥るタイプですね。


《養生》
感情の抑鬱…つまり"悩み事
"を抱えている場合は、それを解決することが根本的なところになります!!
しかし「はい、解りました
」と解決出来ない方が多いと思いますが、そういう方は…運動等
で身体をよく動かす事が良いでしょう🎵楽しく出来ると更に良いと思います!ヘトヘト
になるまで動いても良いかも
ですね




【痰湿タイプ】
体の中に余分な水分
が貯まっている状態ですね
肥満体質の方に多いタイプですね



《養生》
体に水分が余っているので、単純に水分の取り過ぎに注意ですね
それから、キュウリ、スイカ、メロン等のウリ系の食べ物やハトムギ茶
は体に貯まった余分な湿気
を取るには持って来いですね





【血オ湿熱タイプ】
月経時や産褥時に性交を行う事で、体の中に余分な水分と余計な熱
が貯まり、血の巡りが悪くなった
タイプです


《養生》
先程の『痰湿タイプ』でも述べたウリ系の食べ物は良いでしょうね
それからこのタイプの人は"お酒好き
"な方が多いですねぇ~♪だから、飲み過ぎ注意ですね




それぞれのタイプに対しての"養生"を書いてみました


…つづく




お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com 

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント