真ん中である



前回のブログ
から、安定(陰陽のバランス)…

平衡のとれた、釣り合った状態は病気にも患いにくく、

平衡のとれてない状態は病気を患いやすいですよ


という話でしたが、


東洋医学での良い状態とは、"中庸・中道"

全てに於いてバランスの取れた、安定した状態が良い状態。

これが健康な状態なんですね


逆に、何に於いても偏りが生じている状態は良くない状態。

病気もしくは病気になりやすい状態です


言葉では簡単ですが、これが非常に難しい

骨盤が歪んでます~


とか

背骨が歪んでます~


という単純な話ではないですよ


何に於いても
バランスをとれている状態ですから


例えば…"飲食"


油っこい物ばかり食べていたり、味の濃い物を好んで食べていたり…

また、食べる時間も"不"規則だったり…

そして飲み物も冷たい物ばかり飲んでいたり…

更に…"精神状態"

悩み事や心配事など考え事が頭から離れない


イライラや嫌な事などが頭を駆け巡る


こんな精神的に穏和(安定)でない状態も良くない状態なんですね



他にもいろいろ…

言葉では簡単ですが、やはり非常に難しい



東洋医学の考えを元に治療するということは、

冷えていれば温めれば治るので簡単ですが、

出ている症状が精神的な所から出ているのなら、

その人の精神的なものから治療してあげないといけない
そうしないと治らない


まさに、その
人を丸々根っこから治療する
ということ

あ~難しい
治療ってホント難しい


話が少し反れてきましたので…

全てに於いて安定…平衡…中庸というのは、健康の基本なんですね


"中庸"の方向に近付けてあげて下さいね

(意味深いですよ
)




お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com 

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント