陰陽 vol.3




しばらく開いちゃいましたが…


忘れてませんよ


『陰陽』の特徴の話、第3段です


今回は『陰陽の対立・制約関係』の話です


"対立"とは…

【二つのものが反対の立場に立つこと。また、二つのものが互いに譲らないで張り合うこと。】(goo辞書)

"制約"とは…

【ある条件や枠をもうけて、自由な活動や物事の成立をおさえつけること。また、その条件や枠。】(goo辞書)

前回のブログでの『陰陽の依存関係』(https://blogs.yahoo.co.jp/umedahari/14929270.html)で例に挙げた、

"寒い・暑い"、"昼・夜"や"上・下"、"火・水"など、書くとキリがないですが、

お互いに単独では成立出来ず、依存関係にありますよ!

という話でしたが、

皆さんもお解りの通り、これらの2つは反対の立場にあるもの…

つまり"対立関係"
にあります



しかし…

どちらか一方が良いもので、もう片方が悪いものではないので、

お互いがお互いを牽制し合って…

制約し合って、

行き過ぎ、偏った盛衰を矯正して、

常に"動態的"なバランスを保っている

という関係にありますよ!

という陰陽の関係性


これが"陰陽の制約関係"

互いの行き過ぎが"制約"されて、"動態的なバランス"のとれた状態…

これが健康状態なんですね


逆に、病気の状態は"動態的なバランス"が崩れているということですね


ですから、バランスのとれた状態に戻れると…

病気は治るってことですね




お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com 

梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント