『氷食症』



先日、患者さんと『氷食症』の話になりました。

『氷食症』とは・・・、簡単に言いますと・・・

無性に"氷"
をバリバリと食べたくなる、異食症の一種です。

製氷機の氷をバリバリ、ファミレスのドリンクバー
の氷をバリバリ・・・。


西洋医学では、鉄分の不足。鉄欠乏性貧血
の状態が原因であると考えられています!


貧血による、赤血球量の減少と機能低下

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

脳に栄養する酸素量の減少

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

自律神経機能の低下

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

体温調節機能に狂いが生じ、体温上昇

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

氷をバリバリ食べる



と言う仕組みで解釈されています。


そのため「口の中が熱い!!
」と訴える症状があったり、

貧血特有の"めまい
"や"立ちくらみ
"、"疲れやすい
"、"動悸
"などが症状として存在します。

治療法としても「鉄分を取りましょう!」という方向で進められます。


そんな『氷食症』について話をしていまして、

「これ、鍼灸で治療出来るなぁ~!


と・・・。

一般的な鍼灸師は"貧血"から「"血虚"だ~!」と言う所に考えを持って行きそうですが、

(間違いではないでしょうけど、)

"血虚"だけ見ていたら、治らないでしょうね♪


きっと・・・





根本的には、"気滞"を治さないと!!


ちょっと専門的で、申し訳ないですけど・・・

"気滞"から"心熱"が生じて口が熱くなったり、"肝熱"が生じて〇〇になったり・・・。


根本は"気滞"ですね



"気"や"血"については以前に書きましたが、( http://blogs.yahoo.co.jp/umedahari/folder/428816.html )

"血虚"や"気滞"、"肝熱"や"心熱"については、まだお話ししていませんので、少し「 ? 」だったかもしれません。


それらについては後日解説して行きましょう!


取り敢えず、今回の『氷食症』! 強いては、『異食症』!!

私個人の見解では・・・


鍼灸治療で良くなるでしょうね!









お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com


梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

氷入りのジュースはほぼガリガリいきます。

No title

須原さん。
良くないですねぇ~!!