二日酔い

週休2日で、土日が休みの方が一般的には多いのではないでしょうか。

そのため金曜日が"飲み会
"という事も、少なくはないのでは・・・。


先週末、17日(土)の話です(土曜日に更新しようと思っていたのですが、諸事情で今日になってしまいました
)。


30代後半の男性。

主訴は項部(首の後ろ部)の重たい感じに加えふらつき。さらに、胃腸の不快感
と入眠困難


ちょうど当日が鍼灸治療の予約日だったのですが、

前日に会社の飲み会
があり、この日は二日酔い気味の頭痛
もするとの事!!


以前にも二日酔いによる頭痛の患者さんを何度か治療した経験がありましたので、


「いつもの首の痛みと一緒に、その二日酔いの頭痛も治しましょう!」


と(自信満々
で)鍼灸治療開始!!

手と足の経穴(ツボ)に1本づつ、計2本刺鍼。

・・・10分後。

「〇〇さん、どうですか?頭痛?」


「あれっ!?頭、痛くないです(*_*)
何でですか?何が起きたんですか?



「・・・ナイショ
(^3^)/
飲み過ぎ注意して下さいね♪お大事にm(__)m



こんな出来事がありました。

鍼灸師でさえ、二日酔いによる症状を鍼灸治療で診れると思っていない人が多い訳ですから、一般の方が

「えっ!?そんな症状も鍼灸で治療出来るの?」

と思っても当たり前ですね



そうなんです!! 出来るんです!!
こんな症状も、あんな症状も鍼灸で治療出来るんです!!


何故って、西洋医学が広まる以前は東洋医学の考えに基づいた治療で、人々を救って来た訳ですから!!


ちなみに、飲酒後の患者さんは治療をお断りさせて頂きますので、悪しからず
m(__)m







お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com


梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント