『五労』

今回は五行シリーズの『五労』についてです。

「こんな姿勢は体に良くないよ!」

「あんな姿勢は○○に良いよ!」

なんて事を、よく耳
にするかと思います。

しかし、どんなに"良い"と言われる姿勢でも、同じ姿勢を取り続けて、良いはずがないですよね!!

『五労』では、こんな姿勢(状況)が続くと○○が悪くなりますよ~!!

という事を説いてくれているのです


解りやすい様に、"五臓"と照らし合わせて表記してみましょう!


肝=行(歩)
心=視(見)
脾=坐
肺=臥
腎=立


です!

どれも、日常的に行う動作(労働)ばかりです。

ですから、「この姿勢・動作が良くない!」というのではなく、度を過ぎるといけませんよ!という事です。


例えば、"肺"の"臥"。

ずっと横になって寝てる
と肺が悪くなりますよ!

という事ですが、"沈下性肺炎"がまさにこれに当てはまるのではないでしょうか!!


現代人は、座りっ放し、立ちっ放し、パソコンなどの画面を見っ放しな方が非常に多いです。

つまり、内臓を傷つけている方が多いのですね!!


何でも、"放し"は良くないですよ!

悪くなる前に治(直)しましょう!





お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com


梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント