ギックリ腰 part.3-1

今日は昨日の続きです。

昨日に引き続き、今日も治療しました


院内に入って来た時点で、昨日の動作
とは全く違う事(良い意味で・・・)は、私達治療家の目でなくても、一目瞭然


患者さんに痛みの度合いを聞くと、

最高潮に痛かった時
を⑩

とすると、

現在の痛みの度合いは③


「今日は、残ったその③の痛みも取っちゃおう
!」

と言う事で、治療開始!!

現状を把握(脈診・腹診など)し、昨日の復習
した事も頭の中に描き、配穴(ツボを決める事)。

そして今回は2穴(2つのツボ)に刺鍼(鍼を刺す事)!

・・・

・・・

動作確認!!

結果・・・

・・・

O.K.
!!

と言う事で、治療終了


今回は2穴で治療出来ましたが、

結果、2日治療していますので、

これが1日で⑩の痛みをZeroまでに持って行けるようにならないと、ダメですねぇ~!!

・・・反省



なんか、『ギックリ腰』ネタが続くと、ギックリ腰の治療しかしていないみたいですが、

他の症状も、ちゃんと治療していますよ~σ(^_^;

頭痛・・・

手足のシビレ・・・

逆流性食道炎・・・

不整脈・・・

など・・・

しかし、流行ってますねぇ~!!

"ギックリ腰"

皆さんご用心して下さいね
!!

関東に在住の方は、私の尊敬する"かすが先生"、

『かすが鍼灸院』(http://arigatoh3.sp.land.to/)

をお尋ね下さい!





お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com


梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

先生、コマーシャル有り難う御座います。
私の所も、ぎっくり腰ならぬ腰痛が多いですよ。私は問診、脈診、舌診、腹診してツボ決定でやってます。
特に尺沢反応を使います。腰に関しては陽経に切皮程度のごく浅く刺鍼で血流の回復を図りますね。また両手首、ツボで言うなら陽溪あたりになりますが、Oリングテストをして左手に反応があれば下半身(下に)に、右手に反応があれば上半身(上に)に治療穴を持って行きます。

昨日のテレビは私のコメント欄で先生に、内容を書かせてもらってますので読んで下さい。

No title

誰もそんな事思って居ませんよ(ビックリ腰専門なんて)笑。
逆流性食道炎ですか。
私は手術で全摘してるので今でもそうですよ(^^)。
逆止弁が無いのと胃酸の調整が上手くできないのですね。
長年薬に頼ってますよ。

No title

レンさん
尺沢と浅い鍼と言うのが、ポイントですか?
衛分の邪を取ると言う感じすね!?

Oリングしているんですね!!素晴らしい!僕は断念しちゃいました・・・。

テレビのコメント、読ましてもらいます。ありがとうございます。

No title

あいべんさん
逆流性食道炎は、言葉の通り"逆"と言うのが、治癒への大きなヒントになるんですよね~!!
"順"ではなく"逆"なんです!