これって、気滞? vol.6-1

前回に話をした『車酔い
』『船酔い
』などの『乗り物酔い』の話を、もう少し掘り下げて話をしてみましょう!

『乗り物酔い』には、"心理的要因
"が多々含まれると言われますよね!!

"心理的要因
"で『乗り物酔い』と言う病にかかってしまうと言う事は、


"気持ちの持ちよう"で乗り物酔いしなくて(病気にならなくて)済むと・・・。


"気持ち"の持ちようで病気にならずに済むと言う事は、"考え方
"で病気にならなくて済むと・・・。

その人、個々の"根っこ"の部分で、病気を引き起こすかどうかと言う事が、絡んでくると捉えられます!

つまり



"根性"の問題で、病気を引き起こしたり、そうでなかったりすると言う事です!


"病気を抱えている
"と"病気がなく健康
"。

どちらが"得"で、どちらが"損"ですか?

と聞かれれば、当然"健康
"でいる方が"得"ですよね


誰しも"損"する事など望みませんからねぇ~!!


どちらが"得"で、どちらが"損"か?

どう捉えると"得"で、どう捉えると"損"か?

そう考えると、"根っこ"の"性質"、"根性"が良くなって行くんじゃないでしょうか!?

そんなに悲観的
になる事も無いですし・・・

そんなにイライラする事も無いですし・・・



"損"とか"得"とか言う表現は、ホントは良くない考え方なのですが・・・

文章
で表現するのは、なかなか難しいですねぇ~


患者さんには、もうちょっと解りやすく説明しますね
!!



お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com


梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

納得、納得・・・。
気持ちの持ちようで体調や心大きく変わりますね。

No title

「漢字は右から読め」と言われますね。

病気! 病は気からと一般的にいいますが、右読みになりますと、気は病を生むと読みますね。

気滞、気が滞ると言うよりは、滞った気がそこにあるとと言う事だすね。

No title

あいべんさん
納得して頂けましたか?そうなんです!気持ちの持ちようで、病気を避ける事が出来るのですね!!
つまり、その人の"根性"で病気か健康かが決まってくるんですね!

No title

レンさん
流石ですね!!仰る通り!!
「滞った気」があるんですね~!!
では何故、「滞ったのか?」かが難しい所なんですよね~!!