『脹痛』

痛みに膨満感、張った感じを伴うものですね!!

お腹が張る・・・


胸や脇腹が突っ張る・・・



肩こりの様に、

「肩が張って痛いわ~!


って言うのも、この脹痛に関わってくるでしょうね~!!


では、この『脹痛』とは、東洋医学ではどの様に解釈するのか?

ズバリ
答えは・・・



『気滞』



です!

そして、この"気滞"を理解するのが、大変難しい


鍼灸師になるための養成校でも当然、"気滞"と言う言葉を習いますが、

正直それだけでは、本当の意味での"気滞"と言うものを、全くと言っていいくらい理解出来ないんですよね~
!!

僕の恩師が、よく言っていました。

「"気滞"を治せたら、何でも
治せる


って・・・。

確かに僕も、"気滞"という悪者を、どの様に退治するか!で、日々悩まされます


気滞については、今後何度も出てくる事と思います。

また、ブログの『深い話』(http://m.blogs.yahoo.co.jp/umedahari/folder/428055.html)の書庫内に、

『これって、気滞? vol.○○』

がありますので、"気滞"を理解する上でのヒント
にしてみて下さいね!

話がまたまた脱線しかけましたが、今回の『脹痛』、


"張って"いる状態なんですよねぇ~!


東洋医学を理解する上で欠かす事が出来ない

"気"。


何か"気"を"張らなければ"ならない物があるんじゃないですか?



"気"を"張って"いなければいけない状況に、自分を置いているんじゃないでしょうか?



それが解消された時、悩まされている『脹痛』が、治るんじゃないでしょうか
!!




梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

「気滞」の治療ってなかなか「期待」に応えられないんだよね!って、言ってる場合じゃないよねぇ~(^^ゞ

No title

レンさん
「期待」に応えにくいですよね~!!『気滞』って・・・。
患者さん個人個人の"気付き"が必要になって来ますよね~!!