『重痛』

「どんな痛みですか?」と聞いた時に、

「重だるい感じです
!」

とか、

「ズシーン!!って感じ
!」

と表現される方が多いですかね~。

腰の痛みの時に、表現される方が多いですね!!

「腰が重だるいねん!!」って・・・。

その他には、

「頭がズーンと重い。」

「手足が重だるい。」

「体が重い。」

とか・・・。


では、東洋医学的には、この様な症状をどの様に解釈するのか!

ヒントは「体が重い。」です!

体が重い。と感じる事が多い時って、どんな時でしょう?


現代のほとんどの方が当てはまると思うのですが・・・

・・・

・・・

・・・

"雨の日
"に「体が重い!」と感じる方が多いのではないでしょうか。


もう解りましたね!!『重痛』の原因



"湿邪"ですね



"湿邪"についての説明は、以前にしましたね⇨(http://m.blogs.yahoo.co.jp/umedahari/5883980.html)


つまり、体の中で水
が余っている状態、水の流れが悪くなっているのですね


そういう表現を使うと、

「私、水分取り過ぎ
!?」

って、思う方がおられると思いますが、そんな単純な話ではないですよ
!!

状況としては、湿気が体に余っている状態。湿邪に侵されている状態です。

しかし、実際の治療などでは、「何故、"湿"が多くなったか?」が重要ですよね!!

そこまで話出すと、治療の話になって、またまた脱線してしまいますので、


状況として、

重い・重だるい痛みは"湿邪"の影響を受けているんですよ~!!

って、事ですね。

ちなみに、"重だるい"の"だるい"は、重痛ではないです!

"だるい"は、違う"痛"なんですね~!

その"痛"については、後日紹介します。

今回は"重痛"でした!





お問い合わせ・予約に関するメール。
umeda.hari@gmail.com


梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント