ガッカリ( ̄0 ̄) vol.1

ここ最近、短期間でガッカリする出来事が、2回も起きましたので・・・。

どちらのケースも当院を訪れて来た患者さん。


"患者さん"?


結果的に"お客さん"と言ってもいいかもしれないですね!!

どちらの方も当院を初めて訪れる方。

鍼灸の治療ではなく、整骨での治療を希望された方です!!

ご存知でない方もおられると思うのですが、

整骨院を来院した際に保険適応になるのは、

骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷

です!!

初診の方でしたので、当然問診票(ホームページからダウンロード
出来る鍼灸用ではなく、整骨院用です。)を記載して頂くのですが
、主訴は、

「肩凝り」

肩凝りは、整骨院では保険適応外なんですね~!!

しかし、この患者さん(?)、整骨院へ頻繁に行っていると言うか、慣れていると言うか・・・

問診票に、

「肩凝りを診て欲しいのですが、保険適応で治療して下さい。」

って、余白の部分に書いていたのです!?


当然、保険を使った施術なんて出来ません。

慰安を求めたマッサージが希望なら、なおさら"罪"ですね!!

整骨院は"慰安"=「気持ち良かった~!!」を売りにしているのではなく、"施術"=「良くなった!!」を売りにしているところです!!

当然、その患者さん(?)には、お引き取り願いました


しかし、その方。

今までもいろんな整骨院へ行っては、その様な行動をとって来たのでしょう!!


そして、それを受け入れる整骨院があったのでしょう!!


どちらも問題ですね!!

"慰安"を求める"患者さん(?)"。

それを受け入れる"整骨院"。

整骨院側の立場として、

その様な人を受け入れる事が、なお一層、世間での整骨院の立ち位置をおかしくしてしまう結果を招き、

『整骨院=マッサージをしてくれるところ』

と、勘違いされてしまうのです!





もう1人の方も、整骨院を勘違いされて来院して来た例ですが、

1人目の話が長くなってしまいましたので、次回に持ち越しですm(__)m

ホント!腰が砕けそうになりました


・・・つづく。




梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

私の場合、確かに整骨院という名は小さい時から、電気治療屋さんのイメージがありました。治療は整形外科って感じですか。でも御院は整骨院ってイメージは全くありませんけどね(笑)

No title

すはらさん
僕がこの世界に入るもっと前は、電気屋さんだったようです。しかし今は、マッサージ屋さんのイメージがついていますね~。本当に残念で悲しい事です!
当院は、鍼灸院のイメージの持っておられる方が多いみたいですね!!
ちゃんと診れるんですよ!!
骨折・脱臼・捻挫・打撲・・・。

No title

先生、保険診療が騒がれている昨今、実費診療に踏み切る決断も必要ですよ。
どこからも文句言われることもなく、納得のいく治療が出来ますよ。
それと、患者さんも病院と併用してかかれますから東西医療の良いとこどりでいけますよ。(*^^)v