心 vol.5

前回の『心 vol.4』は、非常にキリが悪いところで終わっちゃいましたね!!m(__)m

そして前回の予告通り、心と五行で対応する代表的な物をご紹介!!

⑤汗は心の液

津液が玄府(ゲンプ)=汗孔から流れ出た物が汗
ですが、

何もしていないのに、ダラダラ汗をかいたり・・・。

逆に、全然汗をかかなかったり・・・。

「更年期障害」に悩まされている方や「自律神経失調症」と診断されている方に多いですかねぇ~。

また、それらの病名以外の方でも、心当たりのある方おられると思います!

東洋医学では、この様な汗の異常を心の機能異常と考えるのですね~!!


ですから、これらの疾患に対しては、『心・神』を治療するんですね~!!

更に身近なところで、手のひら
や足の裏
によく汗をかく人。

「手掌からの汗が多すぎて、男(女)の子と手が繋げない~!!


「人前で話をすると、手のひらからの汗で、資料の紙がシワシワになっちゅう~!!


これらにも『心・神』の治療が必要ですね!!

生理学からも納得なのですが、

手のひら、足の裏には、運動した時にかく汗。体温調節に関与する汗の孔はなく、

緊張した時などにかく汗の孔があるだけなのです!

運動した時にかく汗を"温熱性発汗"と言うのに対して、

手のひら・足の裏からかく汗を"精神性発汗"って言うんです!!

まさに"神"=心ですね!!


せっかくですから、もう一つくらいご紹介しておきましょう!

と思ったのですが、話が長くなってしまいましたので、次回にしましょう!

という事で、

・・・つづく。



梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

自律神経失調は交感神経、副交感神経が乱れる事ですよね。何事もバランス中庸が大切ですね。なったら怖いです。

No title

すはらさん
仰る通り!「中庸」、バランスが大事ですね!!
バランスを崩す、崩さないは個々の養生にかかってきますよ!!