『心』 vol.2

②神志を主る

「心は神(シン)を蔵す」などとも言われます。

《『霊枢』邪客篇》
「心者、五蔵六腑之大主也、精神之所舎也」

と言われる様に「五臓六腑の大主」、

つまり、五臓六腑を束ねているんですねぇ~!!


即ち、"神"気がなくなってしまうと言う事は、"死"を意味します!


では、"神"とは何ぞや?なのですが、これが非常に難しい!


意識・無意識の活動であったり、記憶や思惟活動や知覚・味覚などの、様々な感覚・・・

あらゆる精神活動を統括しているのが"神"なんですね!!

"神"が悪くなると、うわごとを言ったり、狂躁(キョウソウ)状態
になったり・・・!!

居ませんか?街中とかにも?

「あっ!!この人、変だな!近づかない方が良いな!
」って事。

きっと『心』が悪い人ですかねぇ~!!

みじかな症状で言うと、不眠や眠っても、夢をよく見る症状


こういった症状も『心
』との関わりがあります。


治療は非常に難しいんですよね~!!


個人個人の精神活動に関わってくるので・・・。

しかし、「五臓六腑の大主」ですから避けて通れないんですよねぇ~!?

そこを上手に治療する。

恩師が私に教えて下さった、「"心の鍼"を上手に打つ
」事が重要なんですよね~!! 

"心の鍼"・・・。

ホント!難しいです!

トホホ・・・!!

つづく・・・。




梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント