『肺』 vol.3

③通調水道の作用

"通調"なんて、普段使わない言葉なので、今回も漢字を分解してみましょう!

"通"は、訓読みすると"とおる"。

つまり、"疎通"を意味します。

そして、"調"は"ととのえる"。

"調節"の事ですね!

最後に"水道"。"水の通路"ですね!!

という事で、

水液の流れ(体内の輸送・体外への排泄)を調節しているのが、『肺』ですよ!

って感じですね!!

これも、『宣発・粛降作用』が基本ですね!!

①脾が運んでくる水液を"肺気(宣発作用)"の働きによって全身へ送られる。一部は汗となって体外に排出される。

ちなみに、暑くもないのに、ジトーッ
っとかく汗!!明らかに運動で、かく汗と違う汗!!

あれは、汗をかいているのではなく、"汗が漏れている"んです!

蛇口が緩んでるんですよ!(衛気の弱り!⇨衛気虚)


②不要な水液は膀胱に運ばれ(粛降作用)、腎と膀胱の働きによって尿となり、体外に排出される。


今回の『通調水道作用』。肺が水液の代謝に大きく関わる事から"肺"は別名、

『水の上源』って言われたりします。

「じゃあ、『水の下源』って何やねん?」って思うと思います!

それは、以前にお話した・・・

考えて・・・



考えて・・・



考えて・・・



正解は・・・




『腎』です!!


つづく・・・。



梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

中川翔子の放送事故動画が流出!問題の動画を入手!!

おおおおーーーー!!!これはほんとにエロイですねーーー!!たまりません!!!

No title

おはようございます。

今日も学習しました。(*^^)v

No title

かすが先生
こんにちは。
書いている僕も復習になって、勉強になっています!
かすが先生も東洋医学ネタ、書いてみてはどうですか~

No title

おはようございます。
患者さんに喋りで説明するのは得意なんだけど、文章にするのは不得手ですぅ(^^ゞ
特に中医学は現代風に先生の様に解りやすく例えるのが難しいです。(>_<)
梅田先生を尊敬してます。(*^^)v

No title

かすが先生
こんにちは!
僕も得意じゃないですよ!!しかし、ベテランのかすが先生に、そう言って頂けると嬉しいです!
これからも一般の方にも解りやすくを目指し、書いて行きたいと思います!