血尿

『脾』の内容でしばらく綴っていましたが、前回の『脾 vol.3』( http://m.blogs.yahoo.co.jp/umedahari/8781454.html )で出てきた"血尿"の訴えで来院された患者さんを先週治療しましたので、『脾』の話の途中ですが、血尿がホットな内にご紹介!!

先週の月曜日の話です。前日(日曜日)の昼間にトイレに行くと血尿で、昼間はトイレも近く、行く度に血尿だったと・・・


問診で様々聞いた情報があるのですが、文章の流れ上一つ。

下腹部の張り感。がありました。

問診の後、脈診・舌診・腹診を行い、鍼治療開始です!!

2穴(2箇所)を取穴(刺して)し、置鍼(しばらく鍼を刺した状態で置きます)です。

置鍼後、鍼を抜いて状態を確認すると、(自分で言うのも何ですが・・・)なかなか良い状態!!

「どうですか?」と患者さんに聞くと、

「体がすごく軽く感じます(@_@)」

更に

「鍼を刺して横になっている最中、お腹の張りが、どんどんなくなっていくのが解ったんです!!」って・・・!?

不思議ですねぇ~!!

治療は終了しました。

翌日の夕方、その患者さんが突然来院されました(その日に予約は入っていません)。

私が「悪くなったのかなぁ~!?」と少し思いながら、入り口まで行ってみますと、

「先生~!!すごく良くなったよ!体がすごく軽いねん!!


「良かった!良かった!」

な話です。

今回の症例は、純粋に"脾"の弱りだけの問題ではないのですが、

脾の説明で、『血尿』の単語が出た事と先週治療したので、ホットな話題だったので・・・。








梅田鍼灸治療院・整骨院のホームページです。
http://www.umeda-hari.jp
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ツボを見つけた人は天才ですね!

しかもあんなにたくさん!

No title

wakaさん
そうですねぇ~!!天才ですね!一人が考えた訳ではないですし、長い年月を経て大成されました。
何千年も前に出来た物が、今でも活用されています。消えずに残っているという事は、意味深いですねぇ~