五行 vol.2

前回に続いて『五行』の話です。

あらゆる事物の基本となる『五行』!!

「木・火・土・金・水」で構成され、そしてあらゆる事物は、その五つの中のどれかに起因する、と紹介しましたが、皆さんは「木・火・土・金・水」って、何なんだ?と思ったのではないでしょうか?

この五つには、それぞれ特定の性質と特徴があります。

中国最古の政治史・政経を記したとされる『書経』の文章と共に、順番に"木"から簡単に紹介しましょう!!

●木:「木は曲直を曰(い)う、酸を作(な)す」

成長、昇発、のびのびした姿、などの作用や性質を備えている事象。

●火:「火は炎上を曰う、苦を作す」

温熱、上昇の作用を持つ事象。

治療していて患者さんに「のぼせてるねぇ~!!」って言うフレーズをよく耳にすると思います。

これは『五行』で言う"木"や"火"が悪い!!

『五臓』で言う所の「肝臓が悪いねぇ~!!」「心臓、悪いねぇ~!!」って言っている事なのです(^_^)
主に"肝臓"ですかねっ!!

五行全てを紹介しようと思ったのですが、全部記すと大変長くなりますので、「土・金・水」は、次回にしましょう(^_^;)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは!

ご訪問ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。