異病同治(いびょうどうち)

以前の記事…『続きました…腰痛』https://umedahari.blog.fc2.com/blog-entry-644.html?spの文章内で出てきました…『異病同治』東洋医学特有の治療スタイルなのですが、その言葉の意味をご紹介m(_ _)m上記の記事で出てきました"腰痛"と"風邪"を例として書いて行きましょう✏️現代の医療体系ですと…「腰がピキッ❗っと痛くなった~😵」「腰が砕けた~😨」みたいな"腰痛"の症状ですと整形外科に行きますよね🚶"腰痛"でもいろんな種類がある...

「鍼が合う😃、合わない😖」

以前の記事(※1)で…症状=ツボ(経穴)ではないですよ‼️って話をしましたが、先日、患者さんとその記事に関連した話をしましたので…今回は以前の記事に関係した内容ですm(_ _)m例えば…『腰痛』‼️「鍼治療を受けて良くなった😄😄😄」という方と、「鍼治療を受けたら悪くなった😣😣😣」という言葉から、「鍼が合う😃、合わない😖」というフレーズを聞いたことがあるかと思います治療を行う側の細かなスキルは別として…『症状=ツボ』という治療...

ツボ(経穴)の治療作用

"肩こり"なら肩のツボに…"腰痛"なら腰のツボに…別に、間違いではないですよ(^^;だって、(良くも悪くも)変化は出ますからね(^.^)時々聞く話ですが…「昔、鍼をしたら、後が調子悪くなったので良い印象がないんです(^^;」って話(>_...

足の裏が冷える🌀🌀🌀

先日患者さんから質問を受けました❗患者さんの旦那さんが「足の裏が冷える❗」 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓旦那さんがネットで調べた❗ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓お灸が良い❗ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓「足の裏のツボ(経穴)にお灸すると良い」って書いてた。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓患者さんから…「『足の裏のツボ(経穴)の正確な位置を聞いといて❗』って言われたんです(^o^)」って…σ(^_^;)?『湧泉(ゆうせん)』という名前のツボのことを仰っているのでしょう_(^^;)ゞツボの位置...

"葛根湯"飲んじゃった~

先日の記事でも書きましたが、体調が落ちている方が増えていますね(>___...

不整脈を治療して感じたこと(^.^)

鍼灸治療を行う時には"脈診"といって、患者さんの脈の状態を"必ず"診ます‼️"脈診"をせずに鍼を刺したりする院は、全くオススメ出来ない院です‼️「"脈診"をしないで、よく鍼刺せるなぁ~(?_?)」と、治療する側の目線で感じますし、恐怖すらあります😱😱😱では…「脈を診て何が解るのか?」(単純表現ですけど…)身体(心身)の状態が解るんです✌✌✌だから"脈診"しないで鍼を刺すということは、身体の状態が解らないまま患者さんの身体を触っ...

『日哺潮熱』

前回の記事『潮熱』(https://blogs.yahoo.co.jp/umedahari/15656535.html)の中で出てきました、『夜間潮熱』。これを読まれた病み上がりの患者さんから、「私は夜中ではなくて、夕方になると熱がありました」という話がありました。良い質問ですねぇ~"夜間"と"夕方"では違うんです夕方になると発熱するものは、『日哺潮熱(にっぽちょうねつ)』って言うんです日哺とは午後3時~午後5時頃のことを指しますだか...

『潮熱(ちょうねつ)』

少し前までインフルエンザが流行り、体調を崩されている方が多かったですが、少し落ち着いた感じですねしかしまだ本調子ではなく、スッキリされていない方も多いようです先日治療をしていまして、患者さんから「夜になると熱が出るんです~」という話がありましたので、それについて…。一般的には夜が多いのですが、一定の時間に発熱するものを東洋医学では『潮熱(ちょうねつ)』って言うんです潮の干潮、満潮が定まった時間に来る...

真ん中である

前回のブログから、安定(陰陽のバランス)…平衡のとれた、釣り合った状態は病気にも患いにくく、平衡のとれてない状態は病気を患いやすいですよという話でしたが、東洋医学での良い状態とは、"中庸・中道"全てに於いてバランスの取れた、安定した状態が良い状態。これが健康な状態なんですね逆に、何に於いても偏りが生じている状態は良くない状態。病気もしくは病気になりやすい状態です言葉では簡単ですが、これが非常...

陰陽 vol.6

横道に反れながら話してきた『陰陽』の特徴についてのシリーズも、今回が最後です今回の特徴は『陰陽転化』についてです"転化"という単語からも解ると思いますが、一定の程度、一定の段階に達すると、それぞれの反する方に変わりますよという特徴。陰は陽に転化し、陽は陰に転化するってことです。東洋医学のバイブル『黄帝内経』陰陽応象大論篇に寒極生熱、熱極生寒「寒極まれば熱を生じ、熱極まれば寒を生ず」と記載さ...